JTB時刻表を集める「哲」のサイト 哲×鉄

時刻表と旅をする。近くに、遠くに。過去へ、未来へ。

1965年3月号

JTB時刻表1965.3

通巻第469号
表紙:京都で一番高い塔と新幹線 【撮影:波多野健一氏】
   京都の塔の中で一番高いのがこの東寺の塔。今までの東海道線からでは見えかくれしていた塔も、高
   架の新幹線ができてからは、この眺めもいっそう素晴らしくなり、いかにも京都らしい雰囲気を楽しむこ
   とができる。(本文から抜粋)
頁数:680
価格:150円
参考:国鉄初乗区間2等10円、1等20円。
    東京~新大阪(超特急ひかり号):5030円(1等)、2480円(2等) ※所要時間:4時間
    東京~新大阪(特急こだま号):4590円(1等)、2280円(2等)   ※所用時間:5時間
    東京~大阪:3030円(急行座席指定1等)、1580円(急行座席指定2等) ※所要時間:7時間30分前後
    東京~伊丹(航空機):6000円
当時の出来事(昭和40年3月):愛知県犬山市に博物館明治村が開村

読みどころ:春のダイヤ改正

国鉄関連~気動車や電車の車両が大量に落成~

①3/1~関西・紀勢線に初の特急誕生
 名古屋~天王寺間(関西・紀勢線経由)に、気動車特急”くろしお”1往復
 名古屋~東和歌山間(関西・阪和線経由)に、気動車準急”あすか”1往復
②3/25~上越線に電車特急”とき”が1往復増加
③新しくできた駅
 山野線(2/11~)郡山八幡駅(山野~薩摩大口間)
④改称される駅
 紀勢本線:紀伊湯浅→湯浅、白浜口→白浜、紀伊椿→椿
 阪和線:金岡→堺市
 

航空関連

会社線(私鉄・バス・船舶・その他)

【巻頭特集】

国立公園めぐり① ~瀬戸内海へ~

(以下本文より一部抜粋)
或る旅情 乱れとぶ紙テープ、華やかな船出。でも、知らずに瞳がうるんで、熱いものがこみあげてきたっけ…
瀬戸内海国立公園の範囲は広い。兵庫の六甲山、鷲羽山、干潮の鳴門、小豆島、四国の屋島、金毘羅、中国は宮島、別府の高崎山まで入る。
「ああ」と仕事の手を休めて吐息をつく。
「こんな喧騒な都会から離れてどこか遠いところへ行ってみたい」と…
船旅の魅力は、毎日の生活環境から解放されるところにある。ここには陸地のもろもろの煩わしい感情はない。
二人だけの世界をずっと保ち続けることもできる。

小豆島、笠岡群島高見島、大島は写真付で紹介。
大島::国鉄大島航路で15分、小松港に着く。大島は屋代島と呼ぶのが正式で、国鉄バスも走っている。写真は大島音頭を踊っている地元民。

国鉄写真ニュース

3月25日から上野~新潟間に電車特急1往復増発。
上野~新潟間の特急は2往復となり、4時間45分!
東京からも、新潟からも特急で次のように日帰りできることを紹介
東京、新潟での折り返し滞在時間は僅かだが、当時は画期的だったことだろう。
上野7:50発→新潟12:35着、新潟15:15発→上野20:00着
新潟8:30発→上野13:15着、上野16:45発→新潟21:30着

付録ページ

①スキー・スケート臨時列車(付録1~6)
②春の臨時列車(同7~11)
③今月のガイド(グラビア頁と関連):小豆島、淡路島の地図
 淡路島にも鉄道が走っていたことがわかる(淡路交通:洲本~福良、所要47分、100円)※1966年廃止
④3月の行事
⑤今月の人:ダイヤの神様「田頭守さん」
⑥愛称名ものがたり その9:九州急行「くさせんり」
⑦クイズコーナー

哲×鉄が選んだ「広告シリーズ」

 

国鉄の営業案内
 

【読者ページ】