同じ時間を重ねたLSEとの別れ

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年7月11日 05:46

 昨日、小田急ロマンスカーLSE(7000形)が定期運行を終了した。

LSEは1980年運行開始、以来38年という長き間、箱根へ向かう多くの人々に愛され親しまれてきた。

車掌長も昨年から、引退の日も近いと知り、車掌見習と何度か乗車し、ラストラン前の切符が取り辛くなる前に早めの自身としてのお別れをしておいた。

小田急ロマンスカーは、車掌長が小学生の頃に親しんだSEやNSEも想い出深いが、LSEには特別の思い入れがある。

それは、1980年といえば、車掌長がJTB時刻表を毎月購読し始めた時期と重なるからだ。

あれから38年を経て、車掌長は現在も毎月新しいJTB時刻表との出逢いを楽しみにしているが、一足早くLSEが引退してしまうのは、寂しい限りだ。

しかしながら、車掌長も齢(よわい)50を迎え、時刻表の小さな数字や駅名が見づらくなったことは否めない…

やはり、LSEとの別れとともに、自身の老朽化も実感してしまった。

何はともあれ、長い間の運行を心から労いたい。
いま、車掌長の脳裏には、村下孝蔵さんの「ロマンスカー」のメロディが流れている。

♪夢を乗せたロマンスカーを 何度も見てた寄り添って…

 

コメントお待ちしてます!

コメントはこちらからお願いします

名前

電子メール

コメント