東北新幹線の速度向上

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2019年1月14日 05:43

今朝の某新聞一面トップ記事のこと…

盛岡~新青森間(178.4㎞)について、320キロ運転実現に向けて動き出すとのこと。
現在同区間は、車両自体は宇都宮~盛岡間を同速度で運転しているが、盛岡より先は260キロに抑えて北を目指している。

確かに、実際に乗車してみても、盛岡まで320キロで走行してきたE5系が急に遅くなった感は否めないし、違和感もあったが、それは「整備新幹線」という位置づけで1973年に計画され、その基準上止むを得ないそうだ。

しかしながら、このたびJR東日本がその基準をクリアできるよう、防音壁のかさ上げや吸音板の設置などを進め、260億円をかけ約5年で320キロ運転を実現させるという。

ちなみに、その実現における時間的効果は6分短縮だそうだ。

また、この話には更に先を見越したものがあるという。
それは、2030年開業を目指して建設が進む、北海道新幹線の札幌延伸時の、対航空機競争。

鉄道と航空機が利用者争奪を競う際、一般に「4時間の壁」という目安がある。
それは、移動が4時間以内であれば、航空機よりも鉄道利用の方が増えると言われるラインであり、現に東京~広島間辺りは熾烈な競争を繰り広げているのは、周知のこと。

そして、北海道新幹線札幌延伸時までに、360キロ運転が可能な車両の開発も既に動き始めており、それら全てが整った暁には、東京~札幌の所要時間はこれまで約5時間と言われていたが、4時間半程度まで短縮でき、少しでも航空機利用から鉄道への流れを巻き起こす、利用者のチョイスも分かれそうだ。

たしかに、先週末の豪雪で新千歳空港が運用できず、約2000名の人々が空港で一夜を明かしたとか、予約の振替ができず二晩を余儀なくされた方々も少なからずいたことをニュースで見ると、航空機以外の足もあった方が、有難かったに違いない。

その上で、車掌長は更に一歩踏み込んで、現実的な要望・願望としたいことがある。
それは、本州~北海道移動における夜行寝台列車の復活だ。

この新幹線の整備計画に、もはや異論はないが、ただ気がかなりなのは、巨費を投じ盛岡~新青森間を6分短縮させるために約5年、更に札幌延伸まで約10年余りとは、あまりに時間がかかり過ぎる。

また、新函館北斗までしか営業していない北海道新幹線は、2017年度に98億円の営業赤字を計上し、超繁忙期以外の利用率低迷もあり、振るわない状況のようだ。

そんな現状を踏まえ、異常気象時の航空機利用も止まった際に、比較的雪にも強いとされる鉄道の強みを発揮し、本州~北海道間の利用客の選択肢を確保するためには、やはり直通の夜行寝台列車の活躍を切に望みたい。

幸いにも青函トンネルは今も貨物列車走行がなされ、在来線の列車が走行できる環境を保持しているのだから、実現には時間的にも、費用的にも抑えられ、あとはダイヤ上の工夫を施せば、5年もの時間を待たずとも可能なように思われる。

また、本州~北海道間の鉄道利用者の減少を招いたいのは、子どもから大人まで絶大な人気を誇った「北斗星」や「トワイライト・エクスプレス」「カシオペア」といった、乗車自体が北海道旅行の「目的」や「憧れ」となるような看板役者の不在も挙げられよう。

更に、「はまなす」のような所用・商用向けの観光以外の利用目的にも重宝した、名脇役の不在、仕掛けの撤去が、少なからず要因としてあったように感じてしまう…

願わくば…JR側の経営上、復活を拒みたい理由は種々あるのだろうが、鉄道旅行の「ロマン」や「夢」という、株価向上にはなかなか数字として効果が現れにくい事案であっても、利用した人々が一生の想い出となったり、「働き方改革」の進展によっては、ゆったりした移動時間を好んだり価値を見出せる人々が、「新たな発想」を閃(ひらめ)かせる舞台や空間にもなり得るのでは…と勝手ながら妄想してしまう。

スピードアップによる利便性の向上も大いに結構、一方、その逆の価値観となる「サービスアップ」も提供してもらえれば、幸いだ。

念のため補足すれば、その「サービスアップ」は、大人が背伸びや垂直跳び、三段跳びをしても手が届かない絶望を抱くような、富裕層しか乗車できない豪華列車だけでは徒花(あだばな)になってしまう。

せめて、子どもであってもコツコツと小遣いをためて「夢」が実現できる、大人も少し頑張って奮発すれば、家族で楽しめるような、そんな夜行寝台列車だと有難い…

いま、夜行フェリーが大人気だという。
背景には、長距離物流を担うトラック・ドライバーの休息を確保しながら、運搬ルートの大半を移動できるメリットに加え、一般乗客も船旅の良さを再認識し、「急がない旅」に目覚めた人々が、各航路の新造船ラッシュも相まって、ホテル滞在のような移動を楽しめるとあって、人気が急増しているそうだ。

一方、夜行高速バスはだいぶ居住性も向上したが、そもそも窮屈だったり、高速道路網の発達で地方中核都市まで大都市とダイレクトに結ばれ便利になったが、渋滞に巻き込まれた際の時間的損失や徒労感は、その選択に対し後悔の念すら抱いてしまう。

そして、何よりもドライバー自身の健康状態や、防ぎようのない他車ドライバーの居眠り、突発な無謀・危険運転等にも起因、直結する重篤事故に対し、安眠中の幾人もの大切な命を預けて走っている現状は、万が一の際、「安さ」「便利さ」が瞬時に引き代わる「負の代償」は、想像が尽かないほど折り合わない。

長々と綴ってしまったが、東北新幹線のスピードアップの記事から、いまいちど、鉄道の優位性を発揮できる夜間の移動手段を望みたい、と考える朝であった。

ところで、今日は全国的に穏やかな天候で、成人になる人々を祝えそうだ。

また最近は、これまでの成長や遠くない将来を担うお子さんたちへの希望を託す、1/2成人式というのもあるそうだ。

末筆ながら、どちらの人々(お子さん)にも、心からお祝い申し上げたい。

 

トワイライトエクスプレスとの再会

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年10月 9日 04:52

三連休となった真ん中の7日、当車掌区で某鉄道イベントに出かけた。

それは、専務車掌が幼稚園のママ友から聞いた情報で、毎年日比谷公園で行われているイベント「鉄道フェスティバル」であった。

鉄道の日にちなんで行われ、今年が25回目とのこと。
参加する鉄道事業者及び関連企業も年々増え、80社近くはあったようだ。

イベントの趣旨は、鉄道の役割や仕組みを楽しく理解してもらうための参加型フェスティバルのようで、パネル展示物も見受けられたが、来訪者の多くの目的は、グッズ販売だとわかった。

10時開始だったので、早めの9時半頃会場に行ってみると、人気のある鉄道事業者のブース前には、既に長蛇の列ができていた。

まずはグルッと一回りし、どんな鉄道事業者が来ているのか把握してみた。
その中の1つに、「あれ!?」と思うブースがあった。

それは、全国各地の駅弁を販売するブースであったが、30種類ほどの駅弁が積み上げられた中に、「トワイライトエクスプレス弁当」を見つけたのであった。

同弁当は、2015年3月に引退したトワイライトエクスプレスを惜しみ、兵庫県の駅弁調整元の「淡路屋」が限定3万個で販売した人気駅弁であった。

その人気は凄まじく、なかなか手に入れることが困難な駅弁であった。
実際、車掌長も販売開始から機会を狙って関西へ行った際に、販売される駅に行ってみたが、ことごとく「売切」の2文字…であった。

時は流れ、そのまま同弁当のことは諦め、欲しかったこともいつしか忘れてしまっていたが、出逢いは突然現れたのであった。

ブース前には数人並んでいたが、この人数なら確実に手に入ると思い、すぐ列に加わった。

販売開始時刻となり、数分でお目当ての駅弁を入手できた。
陶器製でズシリとした重量感が、購入の喜びを更に掻きたてた。

あとは、車掌見習の行きたいブースを幾つか見て、撤収とした。
もの凄い人手と季節外れの真夏日で、長時間いるのは小さな子どもには酷であると判断した。

車掌区に戻り、早速包みを開けると、引退して3年も経つトワイライトエクスプレスとの再会に、ジワジワとした歓びに身を包まれた。

蓋を開けた中身を確認すると、中身こそ少ないが、その陶器製のフォルムには現役時代の憧れや実際に乗車した想い出がいっぱい詰まっていることを実感できた。

食べ終わった後、きれいに洗い保存用としてディスプレイした。

 

 

週末パス片手に乗り鉄①(東京~会津)

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年8月 7日 04:35

先日、JR東日本が発売する「週末パス」を片手に一人旅。

土曜未明、車掌区最寄駅4:30発の電車に乗った。
旅のイメージは大方、頭の中でイメージしてある。

だが、愛用のJTB時刻表をバッグに入れ、予定変更も適宜厭(いと)わず、いや、むしろ大いに楽しみにしたい…と胸を膨らませた。

赤羽から宇都宮線の下り一番列車に乗り換え、ホリデー料金で割安となるグリーン車に乗った。
これで終点の宇都宮まで行ってみる。

ほぼ貸切の静かな車内で、冷たい缶コーヒーを口にしながら、日課である朝刊に目を通す。
時折、記事を追う目の疲れを感じたら、流れる沿線の風景に視線を移す…

普段の車掌区で読む新聞とは、一味違う充足感を味わった。

宇都宮で日光線に乗り換え、今市で下車。
駅前を真っ直ぐ10分弱歩いて、東武鉄道の下今市へ向かった。

ここからフリーパスの効力は無く、別途切符を買い足し、一路会津方面を目指す。
特例で乗車券のみで利用できる「特急リバティ会津」に乗り、鬼怒川温泉を通り、野岩鉄道、会津鉄道にも乗り入れ、終点会津田島まで乗った。

会津鉄道では、ひとつ楽しみにしている列車があった。
それは「お座トロ展望列車」と言い、2両編成のディーゼルカーに、お座敷・トロッコ・前方展望席という、異なる3つの趣きを楽しめるユニークな列車。

旅に出る前日、たまたまみどりの窓口で空席照会したところ、トロッコ車両が残2席と告げられ迷わず購入した。

11:50の出発時刻までまだ2時間ほどあり、パスの効力も当駅から再生する…
リバティから接続する会津若松行の気動車に乗り込み、折り返しで戻って来れる駅まで行ってみることにした。

手元の時刻表で調べると、随分先まで行って折り返し、トロッコに間に合うことがわかった。
このように気ままな乗り換えを調べられるのは、余分な列車も一目で視認できる、一覧性の高い時刻表ならではの芸当だ。

そんな、ささやかな悦に入っていた折、途中駅「塔のへつり」に目が留まった。
何度か訪れたことのある観光地だが、ふらり散策してみようと思いついた。

木立の中に片面ホームだけの風情ある無人駅に降り立ち、徒歩で景勝地へ向かった。
この日も暑さは厳しかったが、アスファルトの熱が容赦なく照りかえす東京のような酷暑ではなく、木洩れ日の中を清々しく歩くことができた。

1時間弱の散策を終え、再び会津田島へ戻る。
その際乗車したのは、前日に乗車整理券を購入した列車となる下りのトロッコ列車だった。

席に充分な余裕があり、車内でトロッコ乗車整理券を購入。
車内の両側は、開放的なオープンエアのクロスシートになっており、4人掛けの区画を一人占有し、心地良い風に吹かれた。

子どもの頃は当たり前だった、冷房の無い列車の窓を全開にし、吹かれた夏の風を思い出した。
西会津の山並みと蒼い空、緑の田んぼを眺めながら、日常では味わえない時の流れに身を委ねた。

会津下郷で列車交換のため、数分停車。
その停車時間に車内販売員が乗り込んだ。トレ―を覗きこむと、手作りスィーツや鱒バーガーなるものを売っており、思わず鱒バーガー(400円)を購入してみた。

鱒のフライがサンドされたものだったが、美味しかった。

鱒バーガーは事前知識になかったが、会津田島駅での折り返し時間には、或るお目当てを買い求めた。それは、駅弁「松茸二段弁当南山のたび」。

改札を出た目の前の売店のカゴに3つあることを確認。
数量限定で販売されているようなので、安堵。1080円で購入した。

再び、トロッコに乗り込んだ。
駅弁は走り出してから食べるのが正統派と思っているが、走り出すと風が強く食べ辛いから…と、自分なりに言い訳を見つけ包みを開いてしまった。

なんてことは無い、本心は一刻も早く定評ある噂の駅弁を食べてみたかったのだ。

高さのある簡素な箱に正方形のプラ容器が二段入っており、下段が松茸弁当、上段がおかずであった。驚いたのは下段の松茸…よくこの手の弁当でありがちな、小さく薄っぺらい欠片(かけら)のような松茸ではなかった。

「姿スライス」とでも名付けたくなるような、1本丸々をタテにスライスしたもので、松茸の姿そのものであった。
かような松茸は、大きなものが2枚入っており、蓋を開けると独特な香りが鼻腔をくすぐった。

スライスも厚めで、噛みしめると上品な味付けと芳醇な香りに思わず、絶句…
しかも、この良心的な値段に脱帽…
この駅弁だけを食べに西会津まで足を運ぶ価値があると、ひとり頷いてしまった。

さきほど降り立った、塔のへつり駅を過ぎ、列車は橋梁の上で2分ほど停車。
車窓案内や写真撮影のできるサービスが、この先も何か所か続いた。

里山の年季の入った駅舎に心癒されたり、ガタゴトガタゴトとレールの響きと揺れが心地よく、うたた寝をしたり…大満足なトロッコ列車の旅を終え、会津若松へと到着した。
 

同じ時間を重ねたLSEとの別れ

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年7月11日 05:46

 昨日、小田急ロマンスカーLSE(7000形)が定期運行を終了した。

LSEは1980年運行開始、以来38年という長き間、箱根へ向かう多くの人々に愛され親しまれてきた。

車掌長も昨年から、引退の日も近いと知り、車掌見習と何度か乗車し、ラストラン前の切符が取り辛くなる前に早めの自身としてのお別れをしておいた。

小田急ロマンスカーは、車掌長が小学生の頃に親しんだSEやNSEも想い出深いが、LSEには特別の思い入れがある。

それは、1980年といえば、車掌長がJTB時刻表を毎月購読し始めた時期と重なるからだ。

あれから38年を経て、車掌長は現在も毎月新しいJTB時刻表との出逢いを楽しみにしているが、一足早くLSEが引退してしまうのは、寂しい限りだ。

しかしながら、車掌長も齢(よわい)50を迎え、時刻表の小さな数字や駅名が見づらくなったことは否めない…

やはり、LSEとの別れとともに、自身の老朽化も実感してしまった。

何はともあれ、長い間の運行を心から労いたい。
いま、車掌長の脳裏には、村下孝蔵さんの「ロマンスカー」のメロディが流れている。

♪夢を乗せたロマンスカーを 何度も見てた寄り添って…

 

さらば、旧国鉄115系「かぼちゃ電車」

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年3月23日 05:02

一昨日、JR東日本が115系の最終運転を行った。

115系と聞いて、どのような車両か思い浮かぶ方は鉄道好きだと思うが、わからない方は、「哲×鉄」表紙の想い出に収蔵されている、湯田中2000さん投稿、2012年2月掲載分を見ていただきたい。SLと並ぶ115系が写っている。

この車両、旧国鉄時代の1963年に、湘南色と呼ばれる塗装を施され登場。
以来、通勤・通学の足として大活躍し、その色合いは「かぼちゃ電車」とも言われた。

車掌長は、中央線沿線に住んでいるので、同じ115系でも青白の"スカ色"の方が、親しみがある。

子どもの頃、通勤電車として見慣れたオレンジ色の国電101系のロングシートではなく、向い合せの4人掛ボックスシートに憧れた。それは、どこか遠くへ行けるイメージが漠然とあったからだ。

当時、山男たちに愛された165系アルプスは急行券が必要だったが、乗車券のみで乗れるセミクロス・シートの115系は、子どもにとって遠くへ行けることを予感させる大好きな車両だった。

そんな115系も、登場から55年が経ち、老朽化ももちろん否めなくなった。
今の電車に比べれば、加速も乗り心地も良くないが、モーター音を高めながら一所懸命に走っている乗車感が、スマートにゆかない人間のそれと似て、とても親しみがあった。

一方、目を北へ向ければ、キハ183-0系もこの週末(24、25日)でラストランを迎える。
トランス・ノーズと呼ばれる、その独特なフォルムは、個人的には芸術的な美しさを感じさせる。

その車両保存に尽力されている御方がいるが、車掌長もささやかながら、その保存に協力したく、クラウドファンディングというものを初めて体験した。

そのサイトを見ると目標金額にも達したので、来夏北海道へその勇姿を見に、車掌見習と専務車掌とともに行きたいと思っている。

あたりまえのことだが、旧国鉄時代の車両もいつまでも現役で走られるものではない。
こうして1つ1つ想い出の車両が消えてゆくのは残念だが、いつまでもその想い出を忘れないでいることが、大切なのだろう。

末筆ながら、上述の湯田中2000さんも、出逢った頃は幼稚園年長だったが、今は中学2年くらいだろうか…勉強にも忙しいと思うが、自身の目標に向かって頑張ってほしいと応援している。

またいつか、一緒に乗った電車に再会しに行くのも楽しみにしていたい。
 

1234567891011