さらば、旧国鉄115系「かぼちゃ電車」

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年3月23日 05:02

一昨日、JR東日本が115系の最終運転を行った。

115系と聞いて、どのような車両か思い浮かぶ方は鉄道好きだと思うが、わからない方は、「哲×鉄」表紙の想い出に収蔵されている、湯田中2000さん投稿、2012年2月掲載分を見ていただきたい。SLと並ぶ115系が写っている。

この車両、旧国鉄時代の1963年に、湘南色と呼ばれる塗装を施され登場。
以来、通勤・通学の足として大活躍し、その色合いは「かぼちゃ電車」とも言われた。

車掌長は、中央線沿線に住んでいるので、同じ115系でも青白の"スカ色"の方が、親しみがある。

子どもの頃、通勤電車として見慣れたオレンジ色の国電101系のロングシートではなく、向い合せの4人掛ボックスシートに憧れた。それは、どこか遠くへ行けるイメージが漠然とあったからだ。

当時、山男たちに愛された165系アルプスは急行券が必要だったが、乗車券のみで乗れるセミクロス・シートの115系は、子どもにとって遠くへ行けることを予感させる大好きな車両だった。

そんな115系も、登場から55年が経ち、老朽化ももちろん否めなくなった。
今の電車に比べれば、加速も乗り心地も良くないが、モーター音を高めながら一所懸命に走っている乗車感が、スマートにゆかない人間のそれと似て、とても親しみがあった。

一方、目を北へ向ければ、キハ183-0系もこの週末(24、25日)でラストランを迎える。
トランス・ノーズと呼ばれる、その独特なフォルムは、個人的には芸術的な美しさを感じさせる。

その車両保存に尽力されている御方がいるが、車掌長もささやかながら、その保存に協力したく、クラウドファンディングというものを初めて体験した。

そのサイトを見ると目標金額にも達したので、来夏北海道へその勇姿を見に、車掌見習と専務車掌とともに行きたいと思っている。

あたりまえのことだが、旧国鉄時代の車両もいつまでも現役で走られるものではない。
こうして1つ1つ想い出の車両が消えてゆくのは残念だが、いつまでもその想い出を忘れないでいることが、大切なのだろう。

末筆ながら、上述の湯田中2000さんも、出逢った頃は幼稚園年長だったが、今は中学2年くらいだろうか…勉強にも忙しいと思うが、自身の目標に向かって頑張ってほしいと応援している。

またいつか、一緒に乗った電車に再会しに行くのも楽しみにしていたい。
 

水間鉄道 素晴らしきマイ・メモリアル・トレイン

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年3月18日 04:52

大阪府貝塚市にJTB時刻表と同じ「時」を刻み、走り続けるローカル私鉄がある。

この水間鉄道(みずまてつどう)は、営業路線5.5㎞と短いが、その歴史は長い。
1925年(大正14年)開業、つまりJTB時刻表の創刊年と同じだ。

両者は以来、90余年もの長い歳月をそれぞれに歩んできた。
一方は参詣の足として、もう片方は旅の計画・立案に必携な書物として…

かような双方の偶然となる、開業や創刊の一致を知り得たのは、昨秋のこと…
僭越ながら、車掌長の全く私的な50歳イベントを、自身で考え始めた頃だった。

色々な案が頭の中で浮かんでは消えたが、現実的なものとして閃(ひらめ)いたのは、列車の「ヘッドマーク」というものだった。

ヘッドマークは、昔から列車の「シンボル」であった。
ちなみに日本初のヘッドマーク掲出列車は、戦後間もない「つばめ」と言われている。

その後、特別急行列車などの優等列車には、その列車を象徴する「顔」として、ヘッドマークが機関車前面に取り付けられた。

車掌長の年代では、「さくら」「あさかぜ」などのヘッドマークを掲げ、電気機関車に牽かれるブルートレインが懐かしくもあり、それらの列車に乗ることを夢見ながら、時刻表のスジを追いつつ憧れた。

そして、切符代を貯めてハレて乗客となれた暁には、寝台列車にもかかわらず、昂奮して一睡もできずに、その独特な旅情を子どもながらに満喫したものだった。

そんな憧れの「ヘッドマーク」を、自分のために制作し、営業運転の列車に掲出してくれることを知ったのが、昨年のJTB時刻表9月号に掲載された巻頭特集の頁であった。

その特集で、全国で数社の私鉄がヘッドマーク掲出列車を走らせていることを知り、それぞれの会社を調べていたら、上述の水間鉄道とJTB時刻表との偶然の一致点を知るに至った。

早速、「哲×鉄」保線区土木係にヘッドマークのデザインを依頼、同時に水間鉄道にもヘッドマーク制作及び掲出列車運行の申し込みを行った。

そして、何度か水間鉄道のヘッドマークご担当の方とやりとりを進めたが、この御方の対応が大変素晴らしかった。

きっと、このヘッドマークを申し込んだ一人一人の記念や想い出を大切にしておられるのだろう…と察した。

車掌長も頻繁ではないが、色々な鉄道会社へ問い合わせをした際、昔ほどではないにせよ、まだまだ"ぞんざい”であったり、表面的にはマニュアル通り丁寧な言い回しだが、心の籠っていないのが明らかな対応も珍しくないのを痛感していただけに、この御方の対応は大変印象に残った。

そして、迎えた50歳当日の2月19日…
貝塚駅で「マイ・ヘッドマーク」を掲出した電車を見たとき、胸に熱いものが込み上げる感動や感謝の念を覚えた。

水間鉄道とJTB時刻表の長い歴史の中で、10日間という瞬(またた)きほどの時間ではあるが、車掌長のオリジナルヘッドマークとともに、伴走してもらえる喜びを実感したものだった。

終点の水間観音まで乗車し、折り返しの僅かな時間を使って記念撮影等を専務車掌、車掌見習と行ない慌ただしく貝塚駅に戻ると、新聞社の記者と合流し取材を受けた。

その場には、水間鉄道の鉄道部長T氏も立ち会って下さり、改めてヘッドマークに関する興味深いエピソードも聞くことができた。

その取材の模様は、朝日新聞夕刊(関西版)3月14日付に記事として掲載、ネット上でも一部分を見られるようだ。(※全文は有料記事のため会員向け)

末筆ながら、このような全く私的な50歳記念のイベントを支え、盛り立てて下さった、水間鉄道様と新聞社記者の御方に心より御礼申し上げます。

そして、その「顔」となるヘッドマークをデザインされた、「哲×鉄」保線区土木係のたくちゃんさんへ、深く厚く感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

今後も、水間鉄道様におかれましては、色々な人々の「人生のひとコマ」を演出する"メモリアル・トレイン"として、大勢の方に愛される鐵道(鉄道ではなく、あえて鐵道とします)であられることを願っております。

 

サイクルトレイン運行

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年1月 5日 07:01

子どもの頃、旅先のローカル線で大きな袋を積むお兄さんを、しばしば見かけた。

帆布製の「輪行袋」と呼ばれるものに入っているものは、自転車であった。
コンパクトに分解、収納された袋口には昔の荷札のような手回り品切符が結わいてあった。

お兄さんたちは景色の良い沿線の駅で降り、再び自転車を組み立て、駅から颯爽と清々しいロケーションの中へと溶け込んで行った。

子どもながらにそんな姿を見て、「移動の自由さ」というものを具体的に見た実感があった。

時を経て今朝の新聞で、JR東日本千葉支社が「B.B.BASE」という列車を運行する記事に目が留まった。その略称は、「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」だそうだ。

自社通勤電車の209系をリメークし、6両編成に座席数と同じ99基の自転車ラックを搭載しているとのこと。しかも、そのラックは自転車をそのまま立て掛ける仕様になっており、分解や組み立てをせずに固定できるという。

運行路線は房総方面へ4コースあるそうだが、発着が両国駅というのが素敵だ。
かつて、房総方面へのターミナル機能を有していた頭端式ホームのある駅。

頭端式ホームは私鉄ターミナル駅では、お馴染みの光景だが、ことJRの都市部においては希少な存在だ。

このサイクルトレインを利用するには、通常の乗車券では乗れず、旅行商品として販売される形になるが、このような列車の運行には拍手を送りたい。

とかく、株主の顔色重視、富裕層向けの豪華列車に投資、効率及び都市部優先の事業開発という印象が否めない鉄道会社だが、こうした列車を利用する人々の喜ぶ顔を見れたり、夢を乗せる列車を走らせられるなら、印象も変わってくる。

願わくば、日本を代表する鉄道会社の1つとも言える事業規模だからこそ、都市部でぜひ実現していただきたいささやかな車輛や列車もある。

それはやはり、通勤時間帯における妊婦、高齢者、ベビーカーや車椅子利用者の専用車両を設定していただきたいこと。

女性専用車両が既にあるのだから、これも実現できないものだろうか。

人口減少が始まっているとはいえ、まだまだ都市部の通勤ラッシュは悲惨な状況だ。
そんな過酷な時間帯に列車を利用せざるを得ない、上記のような利用者がいることは、車掌長も日頃通勤時に目にし、案じている。

待機児童問題も同時に抱える都市部において、自宅近くでない保育場所へ送り迎えするため、止む無く通勤時の列車に子連れで乗る親子も沢山いる。

また、妊娠期の辛い時に座席を確保できず、周囲から押し合い、圧(へ)し合い、もみくちゃにされるのは、その人の身になってみれば苦行に尽きると容易に察する。

車掌長は専務車掌の妊娠時にその辛さを理解できたし、何度か席を譲っていただいた恩返しに、今では見かければ席を譲るようになれた。

それは、「席を替わりましょうか?」という発想ではなく、さりげなく「どうぞ」というアイコンタクトで、その席や車両を離れてしまう方法だ。
ほぼ、その譲りたかった人がそのまま座ってくれるが、中にはそれでも遠慮してなのか座っていただけず、意中でない人が座ってしまうオチもあるが…

もちろん、優先席などという、譲り合いの幻想を謳う貧相なスペースもあるが、日本には「マイ・プレジャー」の文化も思想も乏しきゆえ、女性専用車両のように、「制度」として設けなければ解決しないと思う。

話は戻るが、サイクルトレインのような列車は、実は上信電鉄など地方の鉄道会社では既に行っているところもあり、形はもっとシンプルかつ日常の「足」として運用されている。

本来はそんな形が望ましいが、先ずはJRが試みとして運行を開始したことを嬉しく思い、勝手なことを綴ってしまった。

株主の顔色やら、富裕層相手等、不躾なことも書いたが、事業の対象となる圧倒的多くは、その広い事業エリアにおいて日常の通勤・通学・ビジネス・旅行・趣味等で鉄道を利用する、ごく一般的な人々だ。そして、それらの人々の中でも仕事以外であれば、身銭を切って利用する庶民だ。

そうした圧倒的多数の多様な一般利用者の喜ぶ顔や安心して乗れる、時に日常を離れリフレッシュできる旅も楽しめるような、鉄道事業者であってほしいという、願望や期待を込めて綴っていることをご承知いただければ幸いに思う。

一定の形式やテンプレートに当てはまらない利用者は、サービスの対象外という無用な印象を持たずに済むような…、そんなことを難しさも理解した上で望みたい。

末筆ながら、「B.B.BASE」が出発する両国駅までは、どうやって載せる自転車を運ぶのだろう…
そこまで運ぶために、やはり従来の輪行袋に入れて自宅最寄駅から携行するのか、それとも両国駅まで自走してくるのか…

一旦、輪行袋に入れてしまうなら、再度両国駅ホームで組み立てて乗せるよりも、輪行袋のまま乗車するか、そもそもそのトレインを利用せず、通常の列車で運んでしまった方がラクか…

自転車に関しては素人ながら、そんなことにもふと想いを馳せた。
 

「夢ハウス・あずさ号」乗車

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2017年5月 4日 04:47

夢は叶う…そんなことを実感させてくれる体験をした。

風薫る五月、GW後半突入前日が車掌見習の通う幼稚園の開園記念日で休みだった。
ならば…と、車掌長も急遽代休を取り、以前から体験してみたかった宿の予約を取った。

その名は「夢ハウス・あずさ号」
2年ほど前、列車として泊まれる宿(施設)を探していた折、見つけた宿だった。

しかしながら、その頃はまだ車掌見習が小さすぎて、連れて行っても記憶に残らないだろう…と機会を探しながら温存しておいた。

当日は6時半に車掌区を出発、関越・上信越道を通り、9時過ぎに上田城に着けた。
昨年「真田丸」で賑わった余韻を感じながら、藤が見頃となった城跡を散策した。

上田駅で車を置き、北陸新幹線に1区間だけ乗車。
3月から車掌見習と始めた「鉄道ふたり旅」信州版ミニを、専務車掌も加え敢行した。

佐久平で小海線に乗り換え小諸へ。
ディーゼルカーの車窓からは、遠くの山々の頂には残雪が光り輝き、手前の山々では新緑が芽吹き、淡い緑や濃い目の緑がパッチワークのように混在し、まさに「山笑う」春の到来を楽しませてくれた。

小諸到着後、駅前の食堂で昼食をとり、懐古園へ向け跨線橋を渡った。
懐古園入口となる三の門は、小学6年の移動教室で来た際に集合写真を撮ったが、当時とほとんど変わらない光景に懐かしさが込み上げた。

三の門を潜(くぐ)り本来であれば、城下町よりも低い位置にある全国的にも珍しい「穴城」の城跡を見学したかったが、さきほども上田城に行き、車掌見習に我慢を強いたので、ここは車掌長が譲って隣接の児童遊園地に足を向けた。

ここは市営とあって入園料も不要で、幼児向けのアトラクション利用時のみ、のりもの券を買うシステムで、メリーゴーランドやミニSLなどがお客さん待ちの貸切状態だった。

のどかな時間が流れ楽しかったが、個人的には敷地中央に鎮座していた長野県警航空隊のヘリコプター「初代やまびこ」に目が留まった。
この機体が、日航ジャンボ機墜落事故の際に生存者発見に尽力したことを知った。

再び小諸駅に戻り、次のしなの鉄道の列車まで時間があったので、車掌長単独で駅周辺を散策。
長野新幹線開業で東京を結ぶメインルートから外れ、寂れた印象は否めないが、昔ながらの駅舎の佇まいやラッチ(有人改札)を見ると、心が和んでしまう。

また、駅前の路地裏には飲食店が肩を寄せ合うように並び、往時の活気が想像できた。
こうした路地が形成する独特な「街」の造りや空気は、アイデアや活用次第で人が訪れる仕掛けになり得るなぁ…と感じた。

そんな感慨に耽(ふけ)り115系電車で上田に戻ると、チェックインの時間が近づいた。

上田駅の駐車場で宿の住所をナビに入れてみると、3㎞弱、10分足らずと算出された。
千曲川を渡り、左方向に車を走らせると、ほどなく看板が現れ右折、宿に到着した。

宿の入口横には、「あずさ」の先頭車両がガラス越しに見えた。
胸高鳴る瞬間であった。

玄関の引戸を開け、ご挨拶をすると駅長の鈴木さんが出迎えてくれた。
そして、外観からは想像がつかない広い空間と、1両の列車が目に飛び込んできた。

家屋内にあずさ号が停車している…
ちょっと、現実と夢想とを錯覚してしまうが、今宵の宿であることを次第に認識した。

車掌長がこのように段階的に目の前の現実を受け入れる心の準備をしたのと裏腹に、車掌見習はそういう面倒な思考のプロセス無しに、本能的にあずさ号の中へと消えて行った…

その姿を見て、鈴木駅長が早速、車掌見習を運転席に案内してくれた。
マスコンキーを運転台に差し込み、幾つかの操作方法を教えて下さった。

宿泊中は、運転席に上がり放題、車内放送や鉄道唱歌のオルゴール音、自動ドア開閉も可、そして滞在のシメは翌朝の警笛を一笛鳴らせる…
このようなことを含め、1車両丸ごとを貸切で滞在できるのであった。

車内は畳敷きであるが、座席の一部はオリジナルなまま残され、走行こそしないものの、どこかの駅に停車中であるような楽しみ方はできる。

この183系の座席は車掌長も子どもの頃に乗ったときに、簡易リクライニングシートの背もたれのスライド感が、子どもながらにも不自然で好きではなかったが、それも今こうして座るとノスタルジーという味付けが加わり、なかなか良い座り心地であった。

1時間ほど、車掌見習とノンストップで遊び、お風呂をいただいた。
こちらは家庭用の大き目の風呂だが、目的が温泉ではないのだから問題無し。

そして、風呂上りの食事までに再び車両での運転ごっこや、ホームに無造作に置いてあった近江鉄道の方向幕操作に夢中になった。
とくに、車掌見習は幕回しが好きで、色々な行先を自身で自在に操れるようになった。

やがて夕食の刻を迎え、食事処へ。
アツアツの釜飯と手打ち蕎麦が美味であった。

翌朝6時過ぎ、車両にメイン電源が入ると、車掌見習が早速運転台に上がりたいとせがむので付き合った。
制帽をかぶり朝から車内放送や乗降ドアの開閉を楽しんだ。

チェックアウトの時刻が迫ると、いよいよあずさ号滞在のハイライトである警笛体験。
車掌見習は大きな音が苦手だが、今日はさほど驚かずに喜んでいた。

親子ともども、素敵な滞在を楽しませてくれた「夢ハウス・あずさ号」。
鈴木駅長がこの車両を手に入れ、民宿として営業をしていることは、多くのマスコミにも取り上げられ、ここでの詳細は省かせていただくが、その夢を叶えたエピソードには感銘を受けた。

夢は叶う…
Dreams come true…

車掌長は欲張りだから願いは幾つもあるが、もし何か1つだけ叶うとしら、車掌見習が「自分の力」で「自信を持って」生きていけるように育ってほしい。

既にカミングアウトしている通り、車掌見習には発達障害がある。
発語の遅れもあるが、幼稚園に入ってこの1年でだいぶ語彙も増えたし、発語できる言の葉も増えた。

だが、それはまだまだ親が贔屓(ひいき)目に掛け値なしで、言ったことを聴き取る努力をしていることも否めない…

他人が聞けば、まだまだ不明瞭で意思疎通が難しい場面も少なくない。

また、この障害に特有なこだわりや行動パターンもある。
それは、悪いことではないが、やはり事情を知らない他人が見れば、奇異に目に映るだろう…

しかしながら、「奇異」と「特異」は紙一重で、如何様にも見方や評価は変わる。

車掌見習の特異的なことは、記憶力だ。
一度通った道や行った場所は、いつも覚えていたり、どこで何をしたかを彼なりに記憶の引き出しから出し入れできることに、専務車掌と驚かされることも少なくない。

そんな部分的に秀でた「力」は、トコトン伸ばしてあげたい。
そして、その興味を後押しするような「体験」を惜しみなく作ってあげたい…と思う。

車掌見習は「夢ハウス・あずさ号」を後にするとき、「また来るね~」と言った。

その願いは必ず叶えてあげるし、その時にどれだけ成長しているか…
そんなことに目を細めながら、今回の旅を終えた。

末筆ながら、夢ハウス・あずさ号の皆様には大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
 

鉄道ふたり旅

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2017年3月22日 05:02

2月下旬に初めて車掌見習と敢行した、鉄道ふたり旅。

その成果と言うか、車掌見習の喜びように気を良くした車掌長。
結局、あれ以来毎週、ちいさな旅を続けている。

毎週というのも、頻度としては行き過ぎだが、車掌長がこんなことができるのも先週までのこと。
来週から数か月は、また一年で最も仕事が忙しい時期に入る。

しかしながら、ふたり旅をしている時の車掌見習は見ていて飽きない。
子供向けの鉄道本に出てきた車両を見つけると興奮し、テレビで観た旅番組をマネしながら、小さな旅は進行してゆく。

1本の列車に長く乗ることはない。
むしろ、乗り換えを沢山組み込み、色々な線や車両に乗ることが最優先だ。

こんなことをしていると、ふと、車掌長が小学3年だった頃を思い出した。
東京近郊や一部関東地方にも足を延ばしながら、ひとりで色々乗り歩いていた頃だ。

また、当時住んでいたアパートの隣の部屋に住む親戚がいて、年長組のはとこのN君の子守を頼まれることがしばしばあったが、車掌長はそんな時、N君を連れて東京近郊の電車を乗り歩いた。

今もそうだが、子供に同伴される幼児は運賃不要なので、車掌長自身の小人用切符で、子守を兼ねたちいさな旅ができた。

今思えば、小学3年生が幼児を連れて電車を乗り歩けるほど、とても大らかな時代だった。

そんな感慨にも耽(ふけ)りながら、車掌見習との旅を楽しんだ1ヶ月であった。
 

1234567891011