週末パス片手に乗り鉄①(東京~会津)

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年8月 7日 04:35

先日、JR東日本が発売する「週末パス」を片手に一人旅。

土曜未明、車掌区最寄駅4:30発の電車に乗った。
旅のイメージは大方、頭の中でイメージしてある。

だが、愛用のJTB時刻表をバッグに入れ、予定変更も適宜厭(いと)わず、いや、むしろ大いに楽しみにしたい…と胸を膨らませた。

赤羽から宇都宮線の下り一番列車に乗り換え、ホリデー料金で割安となるグリーン車に乗った。
これで終点の宇都宮まで行ってみる。

ほぼ貸切の静かな車内で、冷たい缶コーヒーを口にしながら、日課である朝刊に目を通す。
時折、記事を追う目の疲れを感じたら、流れる沿線の風景に視線を移す…

普段の車掌区で読む新聞とは、一味違う充足感を味わった。

宇都宮で日光線に乗り換え、今市で下車。
駅前を真っ直ぐ10分弱歩いて、東武鉄道の下今市へ向かった。

ここからフリーパスの効力は無く、別途切符を買い足し、一路会津方面を目指す。
特例で乗車券のみで利用できる「特急リバティ会津」に乗り、鬼怒川温泉を通り、野岩鉄道、会津鉄道にも乗り入れ、終点会津田島まで乗った。

会津鉄道では、ひとつ楽しみにしている列車があった。
それは「お座トロ展望列車」と言い、2両編成のディーゼルカーに、お座敷・トロッコ・前方展望席という、異なる3つの趣きを楽しめるユニークな列車。

旅に出る前日、たまたまみどりの窓口で空席照会したところ、トロッコ車両が残2席と告げられ迷わず購入した。

11:50の出発時刻までまだ2時間ほどあり、パスの効力も当駅から再生する…
リバティから接続する会津若松行の気動車に乗り込み、折り返しで戻って来れる駅まで行ってみることにした。

手元の時刻表で調べると、随分先まで行って折り返し、トロッコに間に合うことがわかった。
このように気ままな乗り換えを調べられるのは、余分な列車も一目で視認できる、一覧性の高い時刻表ならではの芸当だ。

そんな、ささやかな悦に入っていた折、途中駅「塔のへつり」に目が留まった。
何度か訪れたことのある観光地だが、ふらり散策してみようと思いついた。

木立の中に片面ホームだけの風情ある無人駅に降り立ち、徒歩で景勝地へ向かった。
この日も暑さは厳しかったが、アスファルトの熱が容赦なく照りかえす東京のような酷暑ではなく、木洩れ日の中を清々しく歩くことができた。

1時間弱の散策を終え、再び会津田島へ戻る。
その際乗車したのは、前日に乗車整理券を購入した列車となる下りのトロッコ列車だった。

席に充分な余裕があり、車内でトロッコ乗車整理券を購入。
車内の両側は、開放的なオープンエアのクロスシートになっており、4人掛けの区画を一人占有し、心地良い風に吹かれた。

子どもの頃は当たり前だった、冷房の無い列車の窓を全開にし、吹かれた夏の風を思い出した。
西会津の山並みと蒼い空、緑の田んぼを眺めながら、日常では味わえない時の流れに身を委ねた。

会津下郷で列車交換のため、数分停車。
その停車時間に車内販売員が乗り込んだ。トレ―を覗きこむと、手作りスィーツや鱒バーガーなるものを売っており、思わず鱒バーガー(400円)を購入してみた。

鱒のフライがサンドされたものだったが、美味しかった。

鱒バーガーは事前知識になかったが、会津田島駅での折り返し時間には、或るお目当てを買い求めた。それは、駅弁「松茸二段弁当南山のたび」。

改札を出た目の前の売店のカゴに3つあることを確認。
数量限定で販売されているようなので、安堵。1080円で購入した。

再び、トロッコに乗り込んだ。
駅弁は走り出してから食べるのが正統派と思っているが、走り出すと風が強く食べ辛いから…と、自分なりに言い訳を見つけ包みを開いてしまった。

なんてことは無い、本心は一刻も早く定評ある噂の駅弁を食べてみたかったのだ。

高さのある簡素な箱に正方形のプラ容器が二段入っており、下段が松茸弁当、上段がおかずであった。驚いたのは下段の松茸…よくこの手の弁当でありがちな、小さく薄っぺらい欠片(かけら)のような松茸ではなかった。

「姿スライス」とでも名付けたくなるような、1本丸々をタテにスライスしたもので、松茸の姿そのものであった。
かような松茸は、大きなものが2枚入っており、蓋を開けると独特な香りが鼻腔をくすぐった。

スライスも厚めで、噛みしめると上品な味付けと芳醇な香りに思わず、絶句…
しかも、この良心的な値段に脱帽…
この駅弁だけを食べに西会津まで足を運ぶ価値があると、ひとり頷いてしまった。

さきほど降り立った、塔のへつり駅を過ぎ、列車は橋梁の上で2分ほど停車。
車窓案内や写真撮影のできるサービスが、この先も何か所か続いた。

里山の年季の入った駅舎に心癒されたり、ガタゴトガタゴトとレールの響きと揺れが心地よく、うたた寝をしたり…大満足なトロッコ列車の旅を終え、会津若松へと到着した。
 

同じ時間を重ねたLSEとの別れ

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年7月11日 05:46

 昨日、小田急ロマンスカーLSE(7000形)が定期運行を終了した。

LSEは1980年運行開始、以来38年という長き間、箱根へ向かう多くの人々に愛され親しまれてきた。

車掌長も昨年から、引退の日も近いと知り、車掌見習と何度か乗車し、ラストラン前の切符が取り辛くなる前に早めの自身としてのお別れをしておいた。

小田急ロマンスカーは、車掌長が小学生の頃に親しんだSEやNSEも想い出深いが、LSEには特別の思い入れがある。

それは、1980年といえば、車掌長がJTB時刻表を毎月購読し始めた時期と重なるからだ。

あれから38年を経て、車掌長は現在も毎月新しいJTB時刻表との出逢いを楽しみにしているが、一足早くLSEが引退してしまうのは、寂しい限りだ。

しかしながら、車掌長も齢(よわい)50を迎え、時刻表の小さな数字や駅名が見づらくなったことは否めない…

やはり、LSEとの別れとともに、自身の老朽化も実感してしまった。

何はともあれ、長い間の運行を心から労いたい。
いま、車掌長の脳裏には、村下孝蔵さんの「ロマンスカー」のメロディが流れている。

♪夢を乗せたロマンスカーを 何度も見てた寄り添って…

 

さらば、旧国鉄115系「かぼちゃ電車」

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年3月23日 05:02

一昨日、JR東日本が115系の最終運転を行った。

115系と聞いて、どのような車両か思い浮かぶ方は鉄道好きだと思うが、わからない方は、「哲×鉄」表紙の想い出に収蔵されている、湯田中2000さん投稿、2012年2月掲載分を見ていただきたい。SLと並ぶ115系が写っている。

この車両、旧国鉄時代の1963年に、湘南色と呼ばれる塗装を施され登場。
以来、通勤・通学の足として大活躍し、その色合いは「かぼちゃ電車」とも言われた。

車掌長は、中央線沿線に住んでいるので、同じ115系でも青白の"スカ色"の方が、親しみがある。

子どもの頃、通勤電車として見慣れたオレンジ色の国電101系のロングシートではなく、向い合せの4人掛ボックスシートに憧れた。それは、どこか遠くへ行けるイメージが漠然とあったからだ。

当時、山男たちに愛された165系アルプスは急行券が必要だったが、乗車券のみで乗れるセミクロス・シートの115系は、子どもにとって遠くへ行けることを予感させる大好きな車両だった。

そんな115系も、登場から55年が経ち、老朽化ももちろん否めなくなった。
今の電車に比べれば、加速も乗り心地も良くないが、モーター音を高めながら一所懸命に走っている乗車感が、スマートにゆかない人間のそれと似て、とても親しみがあった。

一方、目を北へ向ければ、キハ183-0系もこの週末(24、25日)でラストランを迎える。
トランス・ノーズと呼ばれる、その独特なフォルムは、個人的には芸術的な美しさを感じさせる。

その車両保存に尽力されている御方がいるが、車掌長もささやかながら、その保存に協力したく、クラウドファンディングというものを初めて体験した。

そのサイトを見ると目標金額にも達したので、来夏北海道へその勇姿を見に、車掌見習と専務車掌とともに行きたいと思っている。

あたりまえのことだが、旧国鉄時代の車両もいつまでも現役で走られるものではない。
こうして1つ1つ想い出の車両が消えてゆくのは残念だが、いつまでもその想い出を忘れないでいることが、大切なのだろう。

末筆ながら、上述の湯田中2000さんも、出逢った頃は幼稚園年長だったが、今は中学2年くらいだろうか…勉強にも忙しいと思うが、自身の目標に向かって頑張ってほしいと応援している。

またいつか、一緒に乗った電車に再会しに行くのも楽しみにしていたい。
 

水間鉄道 素晴らしきマイ・メモリアル・トレイン

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年3月18日 04:52

大阪府貝塚市にJTB時刻表と同じ「時」を刻み、走り続けるローカル私鉄がある。

この水間鉄道(みずまてつどう)は、営業路線5.5㎞と短いが、その歴史は長い。
1925年(大正14年)開業、つまりJTB時刻表の創刊年と同じだ。

両者は以来、90余年もの長い歳月をそれぞれに歩んできた。
一方は参詣の足として、もう片方は旅の計画・立案に必携な書物として…

かような双方の偶然となる、開業や創刊の一致を知り得たのは、昨秋のこと…
僭越ながら、車掌長の全く私的な50歳イベントを、自身で考え始めた頃だった。

色々な案が頭の中で浮かんでは消えたが、現実的なものとして閃(ひらめ)いたのは、列車の「ヘッドマーク」というものだった。

ヘッドマークは、昔から列車の「シンボル」であった。
ちなみに日本初のヘッドマーク掲出列車は、戦後間もない「つばめ」と言われている。

その後、特別急行列車などの優等列車には、その列車を象徴する「顔」として、ヘッドマークが機関車前面に取り付けられた。

車掌長の年代では、「さくら」「あさかぜ」などのヘッドマークを掲げ、電気機関車に牽かれるブルートレインが懐かしくもあり、それらの列車に乗ることを夢見ながら、時刻表のスジを追いつつ憧れた。

そして、切符代を貯めてハレて乗客となれた暁には、寝台列車にもかかわらず、昂奮して一睡もできずに、その独特な旅情を子どもながらに満喫したものだった。

そんな憧れの「ヘッドマーク」を、自分のために制作し、営業運転の列車に掲出してくれることを知ったのが、昨年のJTB時刻表9月号に掲載された巻頭特集の頁であった。

その特集で、全国で数社の私鉄がヘッドマーク掲出列車を走らせていることを知り、それぞれの会社を調べていたら、上述の水間鉄道とJTB時刻表との偶然の一致点を知るに至った。

早速、「哲×鉄」保線区土木係にヘッドマークのデザインを依頼、同時に水間鉄道にもヘッドマーク制作及び掲出列車運行の申し込みを行った。

そして、何度か水間鉄道のヘッドマークご担当の方とやりとりを進めたが、この御方の対応が大変素晴らしかった。

きっと、このヘッドマークを申し込んだ一人一人の記念や想い出を大切にしておられるのだろう…と察した。

車掌長も頻繁ではないが、色々な鉄道会社へ問い合わせをした際、昔ほどではないにせよ、まだまだ"ぞんざい”であったり、表面的にはマニュアル通り丁寧な言い回しだが、心の籠っていないのが明らかな対応も珍しくないのを痛感していただけに、この御方の対応は大変印象に残った。

そして、迎えた50歳当日の2月19日…
貝塚駅で「マイ・ヘッドマーク」を掲出した電車を見たとき、胸に熱いものが込み上げる感動や感謝の念を覚えた。

水間鉄道とJTB時刻表の長い歴史の中で、10日間という瞬(またた)きほどの時間ではあるが、車掌長のオリジナルヘッドマークとともに、伴走してもらえる喜びを実感したものだった。

終点の水間観音まで乗車し、折り返しの僅かな時間を使って記念撮影等を専務車掌、車掌見習と行ない慌ただしく貝塚駅に戻ると、新聞社の記者と合流し取材を受けた。

その場には、水間鉄道の鉄道部長T氏も立ち会って下さり、改めてヘッドマークに関する興味深いエピソードも聞くことができた。

その取材の模様は、朝日新聞夕刊(関西版)3月14日付に記事として掲載、ネット上でも一部分を見られるようだ。(※全文は有料記事のため会員向け)

末筆ながら、このような全く私的な50歳記念のイベントを支え、盛り立てて下さった、水間鉄道様と新聞社記者の御方に心より御礼申し上げます。

そして、その「顔」となるヘッドマークをデザインされた、「哲×鉄」保線区土木係のたくちゃんさんへ、深く厚く感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

今後も、水間鉄道様におかれましては、色々な人々の「人生のひとコマ」を演出する"メモリアル・トレイン"として、大勢の方に愛される鐵道(鉄道ではなく、あえて鐵道とします)であられることを願っております。

 

サイクルトレイン運行

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2018年1月 5日 07:01

子どもの頃、旅先のローカル線で大きな袋を積むお兄さんを、しばしば見かけた。

帆布製の「輪行袋」と呼ばれるものに入っているものは、自転車であった。
コンパクトに分解、収納された袋口には昔の荷札のような手回り品切符が結わいてあった。

お兄さんたちは景色の良い沿線の駅で降り、再び自転車を組み立て、駅から颯爽と清々しいロケーションの中へと溶け込んで行った。

子どもながらにそんな姿を見て、「移動の自由さ」というものを具体的に見た実感があった。

時を経て今朝の新聞で、JR東日本千葉支社が「B.B.BASE」という列車を運行する記事に目が留まった。その略称は、「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」だそうだ。

自社通勤電車の209系をリメークし、6両編成に座席数と同じ99基の自転車ラックを搭載しているとのこと。しかも、そのラックは自転車をそのまま立て掛ける仕様になっており、分解や組み立てをせずに固定できるという。

運行路線は房総方面へ4コースあるそうだが、発着が両国駅というのが素敵だ。
かつて、房総方面へのターミナル機能を有していた頭端式ホームのある駅。

頭端式ホームは私鉄ターミナル駅では、お馴染みの光景だが、ことJRの都市部においては希少な存在だ。

このサイクルトレインを利用するには、通常の乗車券では乗れず、旅行商品として販売される形になるが、このような列車の運行には拍手を送りたい。

とかく、株主の顔色重視、富裕層向けの豪華列車に投資、効率及び都市部優先の事業開発という印象が否めない鉄道会社だが、こうした列車を利用する人々の喜ぶ顔を見れたり、夢を乗せる列車を走らせられるなら、印象も変わってくる。

願わくば、日本を代表する鉄道会社の1つとも言える事業規模だからこそ、都市部でぜひ実現していただきたいささやかな車輛や列車もある。

それはやはり、通勤時間帯における妊婦、高齢者、ベビーカーや車椅子利用者の専用車両を設定していただきたいこと。

女性専用車両が既にあるのだから、これも実現できないものだろうか。

人口減少が始まっているとはいえ、まだまだ都市部の通勤ラッシュは悲惨な状況だ。
そんな過酷な時間帯に列車を利用せざるを得ない、上記のような利用者がいることは、車掌長も日頃通勤時に目にし、案じている。

待機児童問題も同時に抱える都市部において、自宅近くでない保育場所へ送り迎えするため、止む無く通勤時の列車に子連れで乗る親子も沢山いる。

また、妊娠期の辛い時に座席を確保できず、周囲から押し合い、圧(へ)し合い、もみくちゃにされるのは、その人の身になってみれば苦行に尽きると容易に察する。

車掌長は専務車掌の妊娠時にその辛さを理解できたし、何度か席を譲っていただいた恩返しに、今では見かければ席を譲るようになれた。

それは、「席を替わりましょうか?」という発想ではなく、さりげなく「どうぞ」というアイコンタクトで、その席や車両を離れてしまう方法だ。
ほぼ、その譲りたかった人がそのまま座ってくれるが、中にはそれでも遠慮してなのか座っていただけず、意中でない人が座ってしまうオチもあるが…

もちろん、優先席などという、譲り合いの幻想を謳う貧相なスペースもあるが、日本には「マイ・プレジャー」の文化も思想も乏しきゆえ、女性専用車両のように、「制度」として設けなければ解決しないと思う。

話は戻るが、サイクルトレインのような列車は、実は上信電鉄など地方の鉄道会社では既に行っているところもあり、形はもっとシンプルかつ日常の「足」として運用されている。

本来はそんな形が望ましいが、先ずはJRが試みとして運行を開始したことを嬉しく思い、勝手なことを綴ってしまった。

株主の顔色やら、富裕層相手等、不躾なことも書いたが、事業の対象となる圧倒的多くは、その広い事業エリアにおいて日常の通勤・通学・ビジネス・旅行・趣味等で鉄道を利用する、ごく一般的な人々だ。そして、それらの人々の中でも仕事以外であれば、身銭を切って利用する庶民だ。

そうした圧倒的多数の多様な一般利用者の喜ぶ顔や安心して乗れる、時に日常を離れリフレッシュできる旅も楽しめるような、鉄道事業者であってほしいという、願望や期待を込めて綴っていることをご承知いただければ幸いに思う。

一定の形式やテンプレートに当てはまらない利用者は、サービスの対象外という無用な印象を持たずに済むような…、そんなことを難しさも理解した上で望みたい。

末筆ながら、「B.B.BASE」が出発する両国駅までは、どうやって載せる自転車を運ぶのだろう…
そこまで運ぶために、やはり従来の輪行袋に入れて自宅最寄駅から携行するのか、それとも両国駅まで自走してくるのか…

一旦、輪行袋に入れてしまうなら、再度両国駅ホームで組み立てて乗せるよりも、輪行袋のまま乗車するか、そもそもそのトレインを利用せず、通常の列車で運んでしまった方がラクか…

自転車に関しては素人ながら、そんなことにもふと想いを馳せた。
 

1234567891011