今月のJTB時刻表

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年9月20日 05:38

 今月のJTB時刻表(2018.10月号)は、大変面白かった。

表紙に大きく「よん・さん・とお」大研究と書かれ、興味をそそられた。
数字を3つ並べたようなこの独特な言い方は、今からちょうど50年前、国鉄が昭和43年10月1日に行なった白紙ダイヤ改正にちなんだ名称だ。

JTB時刻表は、創刊93年。
今号のように、50年前に発行された時刻表を現在と比較し、わかりやすく解説してくれるのは、JTB時刻表にしかできない芸当だ。

巻頭グラビアを読み進めると、50年前の伝説の大改正のあらましが、興味深く蘇る。

車掌長も大好きな表紙である1968年10月号は、東北本線全線電化複線化を機に同時デビューした583系が、その構図も恰好よく表紙を飾っているが、今号もそれを彷彿させる583系を登場させているところは、心憎い演出だ。

先日の乗務日誌で、最近の時刻表はダイヤに面白みがないと綴ったが、それと反比例するように、最近のJTB時刻表の巻頭特集は、面白味を増し続けている。

時刻表編集者皆さんの時刻表を愛する気持ちが、伝わってくる。

時刻表はそもそも、最新のダイヤを調べるための媒体・手段であり、本来の使命。
そして、実用性や一覧性、視認性の高さが追及され、幾度となく改良も重ねられてきた。

それらの点において、時刻表は「芸術品」の域に達していると、車掌長は認識している。
そして、このような芸術品が、毎月安価に発行され続ける文化も、世界に誇れることだ。

車掌長は最近の「日本スゴイ」的な、何でも日本を持ち上げるのは、肌感覚としてちょっと過剰だなぁ…、違和感があるなぁ…、ホントのところどうなのかなぁ…と、少々胡散臭さを感じていた。

そして、それらのスゴイと発信される話題は、それらサービスやモノを提供する人々本人にとって、ハッピーなことなのか…と心配してしまう。

そうした話題が利用され過ぎて、実は働き手としては過度な負担を強いられたり、ストレスだったり、自身が充分に休めなかったり…

日本自慢について、少し悲観的なことを言い過ぎたかもしれないが、殊、この時刻表については、世界に誇れる一品であると思っている。

きっと、想像にも及ばない大変さもあると察するが、このような素晴らしい書籍を、ごく少数の方々の尽力によって編集・発行されていることに敬意を抱くとともに、感謝している。



 

グリーン車マーク

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年7月19日 04:36

最近、汐留で仕事をしている。

昼休み、同僚が昼食をとる合い間、思い立って「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」へ向かった。
この施設は、鉄道発祥地である史跡を商業施設及びミュージアムにしたスペースだが、毎朝通る道すがら、企画展「没後20年工業デザイナー 黒岩保美」の文字が目に留まり気になっていた。

誠に失礼ながら、黒岩保美氏の功績は知らなかったが、国鉄時代の特急のヘッドマークやテールマーク、車体塗色等を手がけた御方だと知った。

なかでも、グリーン車マークを考案したことも知り、敬愛の念を抱いた。

グリーン車自体は、1969年に等級制から移行された新たな上級車両設備の名称だが、四つ葉のクローバーをイメージした緑色のマークは、車掌長が子どもの頃の憧れの車両(空間)であった。

子ども心ながらに、高嶺の花、近寄りがたいオーラを感じさせる車両であり、その入口にあるグリーン車マークは、そんなシンボルでもあった。

実際、グリーン車のデッキ付近には、車掌室が配置されることが多く、無用な者の立ち入りを監視されているような関所のような感があった。

また、キャビンに入るドアも、普通車が「引き戸」であったのに対し、グリーン車の多くは「開き戸」であったことも、何か特別な空間であった。

開き戸は引き戸に比べ気密性が良いためと思われるが、曇り硝子で見えない向こう側の異空間は、子どもの好奇心の的であった。

この車両に乗れる人は、高額な別途料金を払える人物であることは容易に想像できた。
また、実際に乗っている人を見れば、身なりも違うし所持品にも気品があるように、当時は思えた。

そんな子ども時代の羨望の眼で見入ったグリーン車マークを考案した御方が、黒岩保美氏であったことを知った。

あれから40数年が経ち、グリーン車もかなり身近な存在となり、TPOや気分に合わせてカジュアルに利用できる車両設備となった。

ふと、仕事の昼休みに立ち寄った企画展だったが、童心に帰る時間旅行ができたように思う。
 

編集長だより

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年5月27日 19:49

毎月末、楽しみにしている時刻表の発売日。

今月もワクワクしながらページをめくり、黄色のページになったとき、或る異変を感じた。
それは「編集長だより」なるコーナーの新設。

長い間、日本交通公社時代からJTB時刻表を愛読してきたが、編集長のコメントが巻頭部分に顕れたのは今号が初めてではないだろうか…と思う。

時刻表編集者サイドと利用者及び読者サイドとの誌面交流を図った、エポックメイキング的な時刻表は、1963年8月号からだと認識している。

当時の編集室担当者佐藤氏が、交流欄「ビュッフェ」を立ち上げた趣旨を当該時刻表で述べられているが、以来、そのコーナーの名称は変わりながらもそのスタンスは継続され続けてきた。

そして、今回2018年6月号において、編集長ご自身が読者向けに巻頭部で、今号の読みどころをコメントされているのは、大変素晴らしいことだと思った。

今や時刻表も、会社の総務・経理といった部署で、業務目的で利用される場面は、ことごとく減ったと容易に想像できるが、依然として趣味目的で時刻表を購入している読者は、一定数いることであろう。

そんな読者層に目を向けた編集長の眼力は、時刻表愛読者として双方向の「絆」のような…そんな温かみを感じるものがあった…

また、ここ数年のJTB時刻表の進化ぶり、特に索引地図の一新は、目を見張るものもあった。
歴史に胡坐をかかない、そんな編集姿勢も好感を抱いていた。

昔から読み・書き・算盤と言われるが、そんな学習の「基本」全てが、時刻表の活用次第で十分に教育的な一面を持ち合わせていることも、車掌長は自身の経験から推奨できると思っている。

大袈裟な物言いになってしまうが、時刻表が単に趣味の世界を満たす嗜好品から、人を育てる「教材」としても、世の中に受け入れられたり、認知されることを切に願ってやまない。

幾つもの旅程を考え、旅というリアルな体験を通して満足感や失敗、トラブル解決等、そこで得た教訓を次の旅に活かすという営みは、日常の生活や仕事の組み立て、ひいては人生の歩み方にもそのまま投影される。

自身の意志決定を補助したり、根拠となった時刻表が、今後も末永く、多くの方に愛され続ける書物であってほしいと心から願う。




 

 

車掌見習の時刻表記念日

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年4月28日 14:49

一か月半ぶりに休みの土曜日。

車掌長の仕事の最繁忙期のである4月が、瞬く間に過ぎ去ろうとしている。
今年は仕事上の大きなトラブルもあり、その対応にも忙殺されたが、何はともあれ乗り越えることができた。

それはそれとして、今日は車掌見習に自分用の時刻表を買い与えた。
今までは、車掌長が毎月愛読しているものを一緒に見ていたが、雑に扱われては困るので、車掌長がいる時にしか見せないようにしていた。

しかしながら、最近は好きな時に見たいようで、思い切って自分用の時刻表を買ってあげようと思った次第。

大型ではなく小型ながらほぼ同じ内容の、季刊「JTB小さな時刻表」春号にした。

一緒に本屋へ行き、1,000円を持たせて自身で買わせてみた。
御釣りの330円をもらい、これが初めて自分で買った時刻表の記憶として残れば嬉しいが、まだ5歳、ちょっと無理か…

車掌見習が特に好きなページは、東海道・山陽新幹線とフェリー、飛行機の国内線、列車編成表。
自分なりに、のぞみ○○号は東京駅○○時○○分発、品川、新横浜、名古屋○○時○○分着…などと、音読している姿は健気(けなげ)だ。

車掌長が時刻表の見方を覚えたのは小学1年の冬だったから、1年半以上も早い。

今度出る夏号までに、ボロボロになるくらい読むかどうかは別として、最初に買った車掌見習の時刻表として、永久保存してあげようと思う。

 

30年前の未完のアルバムを開く

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年3月21日 08:44

 先日、50歳を迎え、ふと気になったアルバムを開いた。

それは、遡ることちょうど30年前の今頃の季節に作った一冊…
学生時代の1学年後輩、Tっちぃ氏(以下、T氏)と、彼が所有するワゴンタイプの550cc軽自動車"Acty"で、九州一周に出た時のアルバムであった。

旅の目的は、二人のメモリアル・ツアーであり、車掌長が20歳を迎えた春、T氏が4月に20歳を迎えるにあたり、十代最後の春を飾るものであった。

車掌長が学生時代に暮らしていた愛知県某半島にある町を出たのは、1988年3月11日(金)5時30分。夜明けにはまだ少し早い時分であったが、寒さも緩み春の訪れも感じさせる清々しい朝であった。

旅の期間だけ1週間と定め、どこに泊まるか、何を見るかは、行く先々で決め、なるべく高速などの有料道路は使わず、安く楽しく欲張りに九州を一周するイメージであった。

アルバムのメモを見ると、本州最西端の下関には874㎞を走り、約30時間を要し到達。
新幹線であれば、当時でも僅か4時間ほどの土地であり、はるばる辿り着いた感動があった。

そして、九州への上陸は、高速の関門橋や国道の関門トンネルという選択肢もあったが、やはり「上陸」というイメージを大切にするなら、「渡船」だと意見が一致し、彦島から小倉へと"Acty"を積んで関門海峡を渡り、九州入りを果たした。

今はこの渡船(フェリー)も廃止されており、アルバムにある車両積載船で関門海峡を渡る一枚は貴重だ。

この旅行中のガソリン代や有料道路代、観光代など、二人共通の出費を賄う便宜上の「旅行用財布」を用意し、食事代や土産代等は各自で払ったが、最終的に7日間に要した旅費の総額は、車掌長は4万円ほどだった。

リーズナブルに納まったのは、宿泊のほとんどが車中だったことが大きい。
閉店したガソリンスタンドや、繁華街の片隅、寝静まった住宅街の路上など…。もちろん、開店前や皆が起きる前、夜が明ける前にはその場を立ち去っていた。

今のように車中泊が簡単にできる「道の駅」のような洒落たモノは無かったが、どこからも通報されることもなく、とても長閑な佳き時代であった。

1泊だけ、たまたま或る飲食店で親切にされた人物の経営するサウナ施設で過ごさせてもらったが、ここがトンデモナイ悪しき想い出の場となってしまった。

また、通行料金徴収時間帯前の早朝のやまなみハイウェイを貸切のような状態で走行中、雄大な雲海を体験し、心が洗われる感慨が身を包んだ。

更には、気が付くと、ガス欠の恐れにも遭遇した。
現在のように、全て電子制御の車では不可能だが、昔の軽自動車ではエンジンを切って下り坂を自走することができた。

そして、スピードが出過ぎた時は、シフトギアをセカンドやサードに入れ、クラッチを上手く合わせると、バイクの押しがけのようにエンジンが始動してエンジンブレーキがかかった。そんなアナログ感覚は実に楽しく、ガソリン消費を節減する走り方もできた。

他にも、高千穂峡や日南海岸、桜島、天草諸島、長崎の夜景など、素晴らしい景色も堪能。
今思えば、旅行中の全てのシーンが、懐かしき佳き想い出…

移動の車中で過ごすのは、他愛無い会話やお気に入りの曲をダビングしたこのツアー専用のカセットテープで音楽を聴いたり、カラオケさながらに二人で絶唱することだった。

今の世知辛い世の中では、まず味わえない人情味あふれる旅先の交流や、何よりもT氏と共にした7日間は、車掌長の人生の中でも有数の想い出深い旅となった。

そんな想い出を刻んだアルバムだったが、冒頭にあるように何が気になって今頃開いたかと言うと、3月14日(月)で作成を中断しており、未完であったことを思い出したのであった。

当時まだ、作成途中とあって、台紙に貼る予定だった色々な領収書やメモが挟まったままだった…

しかしながら、肝心の写真やネガがどこにあるかが、今となっては思い出せない。
特に、その後あった家の建て替えの際、大掛かりなモノの移動や処分があったので、大切に保存されているはずだが、簡単に調べられる状況には無い。

今となっては、お互いに仕事もあって、同じような旅行の再現も不可能だ…
とくに、T氏は重責な立場や仕事で日々忙殺な状況であることを、車掌長は察している。

7日間は勿論無謀だが、30年前の想い出を振り返られるような、そんな一献(いっこん)傾ける場を近々持てれば幸いだ。

また、いつの日かちょっと時間が創れそうなら、平戸で立ち寄ったピザの美味しい喫茶店も再訪したい。そして、まだその店があるのかも不明だが、健在であれば、当時と同じ場所で写真を撮り、お互いの「時」の流れを噛みしめたいものだ。

 

1234567891011