あずさ2号は記憶の中へ

カテゴリー:①番線:鉄道(JR・私鉄)方面 2019年12月14日 04:52

今朝の新聞、「あずさ2号」が無くなるとの記事。

理由は、来春3月14日のJR東日本ダイヤ改正によって、「あずさ号」と「かいじ号」の号数が1本化されるためとあった。

現在、両列車の定期運行分はそれぞれに、下りなら「あずさ1号」及び「かいじ1号」、上りであれば「あずさ2号」と「かいじ2号」が存在している。

ダイヤ改正によって号数が1本化されるとは、どういうことか?
早速、手元にある時刻表で調べてみた。

現行ダイヤの発車時刻順に追ったところ、下りであれば、あずさ1号、同3号、5号、かいじ7号というように、上りであれば、かいじ2号、あずさ4号、かいじ6号、あずさ8号…という具合に、なるほど、「あずさ2号」はこの世から消えることを理解した…

列車名は明らかに違うものの、同じ中央本線を走る特急に、同じ列車号数のものが存在すれば、切符の買い間違いや誤乗のケースが少なからずあったのかもしれない…

それにしても…
「あずさ2号」とは、単なる特急列車の名称と号数の組み合わせに過ぎないのに、なぜ、今こんなにも虚しさのような感慨が胸中を過るのであろうか…

それは、今も車掌長と同世代以上の方を中心に、多くの人々の脳裏にそのネーミングが刻まれている、狩人の「あずさ2号」という、昭和歌謡があったからに他ならないであろう。

同曲は1977年3月に誕生。
当時、間もなく小学4年生になる車掌長にとっては、居住地を走り、通った小学校の窓からも見えた一番身近な国鉄の特急列車をテーマにした曲の流行は、歌詞にある男女関係の機微は理解できなくても、とてもセンセーショナルな出来事であった。

そして「8時ちょうどのあずさ2号」で…のフレーズは、生涯、胸に刻まれる列車名となった。

その頃、国鉄の列車号数は、下りも上りも発車時刻順に1号から付番されていたので、新宿発の下り列車においても2号となる列車が存在した。

しかしながら、1978年(昭和53)10月のダイヤ大改正で、列車号数の付番方法は、全国一斉に下りは奇数、上りは偶数に統一された。

それまで、新幹線は開業当初からそのような付番方法になっていたものが、在来線にも波及し、最初は違和感があったものの、号数を聞いたり見ただけで下りか上りかが瞬時に分かり、それこそ切符の買い間違いや誤乗防止に大きな成果を上げたと思う。

ただ、それを機に同曲にあった「8時ちょうどのあずさ2号」に乗って信濃路へ向かい、"あなたから旅立つ"ことはできなくなってしまった。

それだけでも、子どもだった車掌長はショックを受けたが、現在も上りにおいて存在していた「あずさ2号」が、来春で無くなることを今朝知り、上述の虚しさを覚えている最中である。

それは、愛する時刻表からもその列車名と号数が消えることを意味している…
来春以降、記憶の中を走る列車になってしまうのは、あまりに惜しい報せであった。
 

ハチロク

カテゴリー:④番線:日々雑感方面 2019年12月12日 04:57

 「ハチロク」と書けば、名車トヨタAE86を想像する御方も多いことだろう。

「頭文字D」で一躍、その名を世に轟かせ、今も根強い人気のある車…
車掌長も知り合いの所有する、スプリンター・トレノのハンドルを幾度か握り、走りを楽しんだこともある。

だが、今回話題とする「ハチロク」は、車ではない。
お恥ずかしながら、車掌長自身の目方(めかた)である。

仕事柄、春から秋にかけて体重は年間で低めに推移し、冬は2~3㎏ほど増えるのが、例年のパターンであった。

しかしながら、今秋はこれまでに無かった仕事も増え、ほぼ毎日が車での通勤となってしまった。
電車通勤であれば一日あたり最低でも5㎞ほど歩くのに、それが全く無かったのが主原因であると思う。

したがって、例年だと首都高速を年間400~500回ほど利用しているが、今年は優に600回を超えていそうだ…

そんな日々を過ごしていたが、やっとそうした状況も終息しつつあり、先週あたりから電車での通勤を久しぶりに楽しんでいる。

車掌長は幸いにも、車掌区最寄駅が通勤利用路線の始発駅ということもあり、必ず座って仕事に向かえ、新聞にも目を通すことができるが、その時間が至福な時でもある。

ただ、過去最高にまで増えてしまった体重は、やはり体が鈍重であることを痛感…
心なしか膝も痛みを覚える。

単に通勤だけでは目方の減り具合も期待できず…
ましてやこれからの時期は、例年体重が増えるタイミングになってしまう…

ここは一念発起して、食事内容や大好きなお酒を少々見直しせねば…と、思いつつ、歳をとるにつれ、「ま、いいか」という自分への甘さや言い聞かせも増えたことに、随分と「焼きが回ったなぁ」と思う今日この頃である。

20代、30代頃のアグレッシブさも、つい「郷愁」でくくってしまいそうだが、放置しておくと、キュウマルなどという世界も視野に入ってしまうのは、回避しなければならない。

せめて、祖父がしばしば使っていた、まじないでも唱えておくことにしよう。
クワバラ クワバラ

 

Santa Claus

カテゴリー:⑤番線:feel the season方面 2019年12月10日 05:02

この時期になると耳にする「クリぼっち」。

世の中、何でも略しすぎて滑稽だが、クリスマスを独りで過ごすことのようだ。
車掌長は、子どもの頃から独りが好きなので、これをポジティブに受け止めてしまう…

ふと気付けば、12月に入り街では色々なクリスマスソングが流れている。
車掌長のお気に入りは30年ほど不動で、山下達郎の「クリスマスイブ」とユーミンの「恋人はサンタクロース」だ。

一方、クリぼっちになりたい時は、「ひとりぼっちのクリスマスイブ」という曲がある。
これは実は副題で、主題は「MIDNIGHT FLIGHT」。
学生時代によく聴いた浜田省吾の曲だ。

この曲は、歌詞の情景が目に浮かぶようで大好きだ。
冒頭、空港で飛行機が飛び立つシーンは秀逸…

そして、今冬はもう1曲好きなものが増えた。

それは、クィーンの「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」。
秋に希望者挙手さんに戴いた「クィーン詩集完全版」を少しずつ楽しんでいたところ、クリスマスに由来する曲はないか探したら見つけた曲だった。

早速、検索した動画で聴いたみたが、1回聴いただけで心に残る曲となった。

ところで、サンタクロースの存在を、子どもはいつ頃まで信じているのだろうか…

車掌見習は小学1年生だが、今年もお手紙を書いて欲しいものをお願いしている。
こうした微笑ましい光景は、あと何回あるのだろう…

実在しない人物や物事を、子ども自身の想像を膨らませて夢を持てることは、幾つになっても、大人になっても大切にしてほしいと願う…

お恥ずかしいことながら、大人になりきれていない車掌長の心には、いまだサンタクロースは存在している。

もちろん、八十を過ぎた親に何かをねだるお手紙など、したためることは無い。

どんな存在かと言えば、それは思いもしなかった出来事があったり、不意に予想もしないモノをいただいたりしたことがあると、サンタクロースや神様、仏様のように自身の意志では為し得ない御方からのプレゼントなのだと、受け止めている。

そして、歳を重ねた昨今は、車掌長自身が誰かにとって、ささやかながらであっても、そんな存在になれたときに喜びを覚えるようになった。

それは、偶然であっても、意図的なサプライズであっても、何か日常的でない出来事を、車掌長自身も楽しみながら届けたい…

この先の人生、そんなSanta Clausになれるような、歳の取り方をできれば本望だと思う。

追伸
希望者挙手さん、遅ればせながらその節はありがとうございました。
戴いた詩集、少し早いXmasプレゼントになりました。
希望者挙手さんが、中学時代に読んだことを想像しながら楽しみたいと思います。
この場をお借りして御礼申し上げます。

 

榛色の季節

カテゴリー:⑤番線:feel the season方面 2019年11月 1日 05:18

今朝の新聞、或る記事で見慣れない色の表現があった。

榛色と書いて、「はしばみいろ」と読むのだそうだ。
一瞬で、その音に魅かれる想いがした…

「はしばみいろ」とは、どんな色彩なのか…気になり調べてみた。
ヘーゼルナッツの実のような色、柔らかい黄土色、黄色がかかった薄茶色etc

当該記事には、逆光に輝くススキの草地が添えられ、イメージが膨らんだ。
このような色合いを「はしばみ色」とも解釈できるのか…

齢(よわい)、幾つになっても、新たなことを知る喜びは新鮮だ。

車掌長はススキがすきだ。
自身の姓に似ているのも、更に親しみを覚える。

ススキ野原で思い浮かぶ風景は、箱根の「仙石原」や山口県の「秋吉台」。
観光地でなくとも、美しいススキの風景が身近に存在する御方も、日本中に多くいらっしゃることであろう。

日当たりの良い場所に群生する光景は、今の季節、とくに日が傾き始めた頃の黄金色は、ひときわ美しい。

標高の高いところから、紅葉が見頃を迎えているようだ。
その色彩も疑う余地が無いほどに綺麗であり、自然の芸術作だと思う。

ふと、彫刻家ロダンの言葉が頭を過る…
「自然の一切は最も美しい釣り合いをもって建てられている」と。

若い頃、この言葉に出逢い感銘を受けたのを記憶している。

しかしながら、今秋は素直にその言葉が胸に響かず、むしろ「自然の脅威」に胸が痛む思いがしてしまう…

つい、「自然の脅威」としたが、それをもたらしたのは、近年の地球温暖化による気候変動であることは、多くの方が気付いている。

冒頭の「はしばみ」、花言葉を調べてみた。
「仲直り」「和解」「調和」などが並んでいた…

人間も自然との「仲直り」が問われていたり、必要なのだと思う11月幕開けの朝であった。

 

原風景

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2019年9月22日 06:10

昨日午後、車掌見習7歳の誕生日に某遊園地へ行った。

先日、車掌長の妹が今月末で有効期間が切れる「のりもの一日券」を、当車掌区人数分譲ってくれ、行ける時に行こうと思っていた。

当車掌区から車で15分ほどの遊園地は、車掌長が子供の頃によく行った想い出の地だ。
親戚に連れられ夏のプールに行ったが、世界初の「流れるプール」が殊の外楽しかったことや、水の冷たさが想い出深い。

また、中学時代は「冬の一日券」という、1,000円で入園及びフリーパスとなるオトクな企画券もあり、友人とよく行ったものだった。

この遊園地には、「カルーセル・エルドラド」という名称の回転木馬がある。
これは、日本機械学会「機械遺産」にも認定された、歴史に残る機会技術関連遺産として有名だ。

1907年にドイツでつくられたそうで、彫刻は全て木製。
数奇な運命を辿ったようだが、1971年から当遊園地で多くの人々の夢をのせ、想い出を育んできたのであろう…

かく言う車掌長にも、幾幕かの思い出がある。
そして、その記憶を鮮明に蘇らせてくれるのが、この遊園地全体の様子がほとんど、40年前と変わっていないことだ。

当時あった主要な乗り物やその場所が、ほとんど変わっていないことで、あたかもタイプスリップしたような錯覚を起こし、40年前の自分の姿を見つけられたような気がした。

そんな気分に浸りつつ、「サイクロン」というジェットコースターや、コークスクリューに乗った。
あの頃、最新の絶叫マシンであったり、話題の乗り物を導入し、いつも長い行列を待ったものだが、いまや待ち時間ゼロで乗れるのは、隔世の感が否めない…

もともと車掌長は、絶叫マシンの類が大好き。

いま改めて、このジェットコースターやコークスクリューに乗ってみたところ、まるでモノレールのように感じ、子供のころに抱いた恐怖感は微塵も無かった。

しかしながら、最高地点に向けてゆっくり上がる際に眺めた景色は、高層マンションが増え、当時の何も無く見晴らしの良かった記憶の残像は、この日を以って上書きを余儀なくされた…

いま、7つになった車掌見習の手をひき、身長制限の緩い乗り物に乗ったが、やがて車掌見習が友人同士や恋人と来たり、大人になってからも来た際、もし車掌長や専務車掌がいない時代であっても、この雰囲気や背の高い木立が、変わらない風景として存在し、車掌見習にとっても何かの「原風景」になれば…と願う。

余談だが、今年の夏休みは車掌長が温泉好きとなった小学2年生の「原風景」を訪ね、当車掌区慰安旅行として兵庫県の城崎温泉を訪れた。

ここも、44年前と変わらない風景が、ほぼそのままに健在であった…

時代や日常生活はいつも、置いていかれそうな猛スピードで過ぎてゆくが、ふと、自分自身の「心の時間調整」を行える時間旅行を試みることは、とても有意義に思える。

誰にでも、きっとそんな「原風景」があることだろう…
年齢しかり、気持ちもしかり、そんな何かの節目に、情景に出会う時間旅行に出るのも素敵なことだと思う。

きっと、今の生活や今後の人生に向けて、新たな発見や気づきがあるだろう…


 

 

前の5件 1234567891011