三日月と金星と木星と

カテゴリー:④番線:日々雑感方面 2019年1月 3日 05:19

未明の空、三日月のやや右上に金星、やや左下には木星が並んでいた。

金星は殊のほか輝き、木星も東京の空でも綺麗に確認できるほどに存在感があった。
偶然見かけたその並びがなんともチャーミングで、寒かったものの、しばし見入った。

三日月の傾き具合も、魔法使いサリーちゃんが腰掛けられるような、良い塩梅(あんばい)…
また、「クロワッサン」が仏語で三日月を意味することも、頷(うなづ)ける形だった。

ふと、星の輝きを「今」目にしていることの不思議さに想いを馳せる…

星の輝きや瞬(まばた)きは、過去の光が、それぞれの星から長い距離を、○○光年かけて届いた、いわば「見かけ」の姿…

その星と地球との距離にもよるが、いま、宇宙のどこかで光っている星が、やっと地球に届く頃には、もう車掌長はこの世に存在しないものが、沢山あるのだろう…と。

逆の言い方をすれば、車掌長が生まれる前のどこかにあった星の輝きを、「今」目にしているものも、多いのであろう…

気の早い話になってしまうが、地球からおよそ81光年離れた星が、「今」輝いている光を目にできるのは、22世紀になる…

「22世紀」という言葉は、まだ、あまり世の中で耳にしない節目であり、車掌長も当然ながらとっくに、存在しない時代…

19年前、21世紀を体験し「ミレニアム」を謳歌した車掌長であるから、西暦2100年を迎えられるはずもないが、もしも、車掌見習が平均寿命より少し長生きできたとしたら、彼は目にすることができる時代かもしれない…

ただ、心配も尽きない。
「平成」という僅か30年間で、人々の思考や行動、生活様式を、掌(てのひら)を返すようにひっくり返したのであるから、この先の80年余りの時間の長さを考えると、背筋が寒くなる感も否めない…

また、そうした思考や判断の選択も他者へ委ねたり、依存しようとする傾向が、今後ますます拍車がかかりそうで、懸念が膨らんでしまう。

今を生きる人々にとっては、まだまだ「世の中便利になった」と、成長著しい各種技術の進歩に対し、長閑(のどか)なことを言って済むかもしれない。

しかしながら、地球規模で進む環境破壊や気候変動、日本の少子化とは裏腹に爆発的に増える人口、世界各地の紛争etc…

これらの解決に対し、人類が時間をかけた叡智(えいち)ではなく、AI(人工知能)が活用され始めていることも、どのような「解」が待ち受けているのか、全く想像ができない。

庶民感覚では、身の回りの生活における節電や自然エネルギーの活用、不燃物の区分とリサイクルの徹底、子どもを育てやすい環境の整備や、それを補完する働き方改革による少子化の歯止め…そして、各国元首の独りよがりな、切った貼ったの博打のようなパフォーマンス外交ではなく、地道な交渉や対話…

単純ではあるが、これくらいしか、パッと思い浮かばないものの、AIであれば気の遠くなるような複雑な演算を駆使して瞬時に、凡人には想像も及ばないような「解」を導いてしまうのだろう。

果たしてその「解」は、神様なのか、悪魔なのかは、今は知る由もないのだが…

せめて、願わくば、車掌見習の生きる時代が、ひいては、その世代を生きる「今」の子どもたちが生きやすいようなバトンを、車掌長世代が次の世代へ引き継ぎたいと考える。

ふと、東の空に目を移せば空が白みはじめ、さきほど鮮明に輝いていた月と星が、朧(おぼろ)になりつつある。

しかしながら、上述の想いだけは、霞まないように、まずは一年一年を地道に生きなければ…と新年最初の乗務にあたり、想った朝であった。

【以下、車内放送】
皆様、明けましておめでとうございます。
本年も皆様におかれましては、佳き年(歳)となりますよう、お祈り申し上げます。

2019年も色々な節目を迎える年ではありますが、この乗務日誌で皆様とともに、時間旅行を楽しめれば幸いです。

 

ビクトリーはくと

カテゴリー:⑤番線:feel the season方面 2018年12月30日 20:22

この時季、時刻表上に一年に一度だけ走る列車が現れる。

毎年2月25日の「上り」のみ運転される、全車指定席の「ビクトリーはくと」号が、それだ。
鳥取大学駅発、大阪行…

その日付と始発駅から、勘の良い方はお気づきだろう。
そう、この列車は国公立大学の2次試験日に、受験生の便宜を図る列車だ。

今年もこの列車が運行されることを時刻表で確認し、一年を締めくくることを実感する…
殊に、今年は「平成」最後の年の瀬…

ざっくりではあるが、昭和を20年、平成を30年生きたのが、車掌長の人生。
長さで言えば、平成の方が長いのに、昭和の方が印象深いのは、ひとえに「鉄道の醍醐味」を味わった最後の世代だからかもしれない。

「最後の世代」と言い切るのは、いささか主観が過ぎるかもしれない…

しかしながら、その根拠は、夜行列車や寝台列車、急行や長距離鈍行(特に旧型客車)に乗車した経験と、それらの列車へ寄せる郷愁、愛着の有無にあると思う。

「ビクトリーはくと」の話から脱線してしまったが、今年もあと大晦日を残すのみとなったいま、この一年「乗務日誌」をお読みいただいた方、またご乗車(コメントをくださった方)いただいた方々に、心からお礼申し上げたい。

車掌長の乗務日誌における物言いは、独善的であると常々認識している。
そして、閲覧回数や「いいね!」の数は、全く関心が無いので気楽に綴っているし、それを表示する機能も価値を見い出せないゆえ、付していない。

いや、正確に言えば、これは単なる、車掌長個人の人生の備忘録に過ぎない。
一定の時を経て、自身が振り返ったときに、あの頃はまだまだ青かったなぁ…と、振り返るためのタイムカプセルを、たまたまどなたもリアルタイムで閲覧できる状態になっているだけのことなのかもしれない。

しかしながら、もし、全く見知らぬ方がご覧になって、「こんな考え方、生き方もあるのだなぁ…」と思っていただけたなら、それは望外の喜びである。

【以下、車内放送】

末筆ながら、いまこれをお読みくださっている方々におかれましては、迎える年もどうぞ佳き年となりますよう、心より祈念いたします。

また、更に近しいところにおられる皆様におかれましては、今年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

仕事でお忙しい方も多いと存じますが、どうか心身とも大切になさって、今後とも末永くお付き合いのほど、宜しくお願い申し上げます。

ちなみに、「心身ともに大切に…」とは、お恥ずかしながら、心身どちらも壊したことのある車掌長が、切に願うことであります。

冒頭の列車名を引合いに出せば、他者へ勝つことが「ビクトリー」なのではない…と、思います。

むしろ、自身の弱さを知り、そんな自身と上手く付き合うなかで、好きな言葉である「My pleasure」のように、誰かの役に立ったり、喜ばれたりすることを糧にできる生き方の方が、結果としては「ビクトリー」なのではないか…と考えるようになりました。

今日は本年最後の乗務でしたが、珍しい時間に乗務したせいか、脈絡のないまま、ここで失礼いたします。
 

 

太平洋沿いに自転車道整備

カテゴリー:④番線:日々雑感方面 2018年12月28日 05:50

今朝の某新聞、興味深い記事に目が留まった。

「自転車道 太平洋結べ」とあり、千葉県銚子市から太平洋沿いに和歌山県まで、約1400㎞の自転車道の整備に着手するという趣旨であった。

構想自体は50年前からあったようで、実際、既に6割が完成しており、残り4割を2019年から整備し、2020年の東京オリンピックに合わせ、全線整備完了を目指すとのこと。

近年の健康や環境に優しい自転車による観光(ツーリズム)は、世界的に人気があるようで、日本の観光施策も、増える外国人旅行者の趣向を汲みとっているようだ。

車掌長が本格的なスポーツ自転車を購入したのは、小学6年生になった時。
当時も少年世代では自転車ブームがあり、「ロードマン」と呼ばれる、ドロップハンドルと12段変速ギアを搭載した自転車に憧れを抱いたものだった。

車掌長も一人旅の資金を温存しつつ、憧れの一台を買うために貯金したことを思い出す。
結果、友人達が早々に手に入れた時期よりも1年以上遅れたが、近所の自転車屋で買ったときの喜びは無上だったことを覚えている。

そして、すぐ訪れた夏休み、祖父母が暮らす神奈川県の山あいの地を目指し、甲州街道を走ったものだった。

普段、父の運転する車でよく訪れていたので、ルートは全て頭に入っていたが、いざ、自転車で行くとなると、その昂揚感はたまらなくアドベンチャーに満ちていた。

距離的には60㎞ほどだったが、朝4時に出て7時半頃に到着。
特に知らせずに向かったのだが、いまは亡き祖母が、驚きながら抱き締めてくれたことが忘れられない。

話を戻すと、この自転車道は途中2か所は、フェリーを利用するルートだが、ほぼ忠実に海岸に沿って房総半島、伊豆半島、紀伊半島を経て和歌山市を目指すという。

完成後、すぐに実現できるわけではないが、体力のあるうち(既に衰えも著しいが…)に、完走してみたいな…と思う。

これまで、鉄道や自動車で簡単に通過してきたところを、自分の足で漕ぎながら、景色を楽しみつつ、自身の半生の振り返りも、その景色に重ねながら、ゆっくり走ってみたいと思う。

きっと、若かりし頃に素通りした風景に、新たな発見があるかもしれない…

日本全国を張り巡らせてきた高速道路整備から、このような新たなツーリズムに満ちた道路整備に目が向けられることは、歓迎したいと実感した。


 

思いがけず日光へ

カテゴリー:④番線:日々雑感方面 2018年12月27日 04:25

昨日、思いがけず日光東照宮を参拝した。

車掌長の今年の年末年始休暇は26日からで、車掌見習の幼稚園と同じタイミングであった。
この日はちょうど、園の友達が大勢当車掌区に遊びに来るということで、元々どこかへふらりと出掛けるつもりでいた。

イメージとしては、相模湖でレトロゲームを楽しもう…などと、画策していた。

専務車掌と車掌見習と、車掌区総出で掃除を終えた後にふらりと旅立ち、最寄駅からいざ中央線に乗ろうとしたら、遅延が出ており高尾駅での乗り換えに間に合わないと判断し、行先を変えることにした。

偶然、駅前の金券ショップで、期限切れの近づいた東武鉄道の株主優待券が500円で売っており、突発的に「そうだ京都、行こう」ならぬ、「そうだ日光、行こう!」と相成った。

時計を見ると、浅草11時発の特急に乗れそうであった。

出発5分前に券売機で座席指定特急券を買い、駅弁も調達、発車間際のリバティけごんに乗車。
今日は曇りで気温も上がらない予報だったが、反して小春日和の穏やかな空模様に、心は日光へと一足早く向かっていた。

日光は幾度となく訪問し、東照宮もしかりだが、いつも団体や家族・グループ旅行のため、同行者のコンディションに合わせたり、そもそも時間に余裕がなく、独りで行くのは初めてであった。

今回はかねて訪れたかった、徳川家康公の墓がある奥宮宝塔に参拝することと、平成の大修復を昨年終えた陽明門を見ることに的を絞り、貴重な日光滞在の約2時間を有意義に過ごそうと、頭の中で色々シミュレーションを楽しんだ。

しかしながら、車掌長はスマホを持たないし、今日はそもそも手ぶらだ。
ゆえに、車掌長にとっては貴重な車内での移動時間を、検索という行為に縛られることはない。

それは、頭の中でイメージした予定や行動を現地で確認、調整すれば済むことであり、多少のハプニングも、その旅の大小に関わらず、むしろそれを解決することが愉しみなのであった。

次第に近づく日光の山並みを遠望し、下野(しもつけ)の平地から勾配を駆け上るモーター音の高鳴りと車窓を楽しみながら、ビールを飲み駅弁を箸でつつくことを堪能した。

13時前に東武日光着。
改札を抜けた観光案内所で、東照宮方面のバス時刻を確認し、今回の行程に見合うオトクなフリー切符を買った。そして、帰路の列車時刻も念のため確認した。
今日は17時過ぎに車掌区に戻らねばならなかった。

その際、東照宮参拝券も自販機で買えることを知り、平日ではあるものの、現地で参拝券を買う混雑を回避するために、事前購入を済ませ準備完了。まだバスの時間に余裕があったので、徒歩で2~3分のJR日光駅駅舎も眺めに往復し、13:15発の世界遺産巡りバスに乗車した。

東照宮参拝の表参道停留所へは、10分余り。
バス停を降り、いざ杉木立の厳かな参道を上り始めた。

お宮でありながら、仁王様が睨みつける山門をくぐり、まずは神厩舎で「三猿」を観賞。
こちらも修復を終えたばかりの、色鮮やかな彫刻美に見惚れた。

そして、人の一生を猿になぞらえ、小猿が大人になる間の様々な先人の教訓に想いを馳せ、車掌見習の成長にも重ね、参考及び留意しようと思った。

歩を進めると、陽明門が視界に入った。
前回訪れた際、素晴らしい建築物であるが、その色合いはくすんで見えた。
しかしながら、修復後の陽明門はまさに神々しく、絢爛豪華な美しさを目に映らせた。

他の参拝者は一様に、写真に自身を収めることに気をとられているが、車掌長はカメラすらないので、しっかりとこの目に焼き付け、しばし心を奪われるように、その彫刻美に見入ってしまった。

陽明門を潜り、右手へ進むと、家康公の墓がある奥宮へ向かう入口となる、東回廊の坂下門があり、そこに「眠り猫」が彫られ、これより先の神域を守護しているようであった。

いつも、この先に行きたかったが、なかなか来れず、齢(よわい)五十にして、初訪問。

神秘的な木立の中に設(しつら)えた、石畳に歴史を感じながら歩みを進め、最後に急な石段が現れるが、二百段余りの一段一段が、どれも一枚の石で作られているのだから、圧巻であり、登りやすい。

いよいよ、宝塔(墓)に手向け、車掌長の長年の目的を成すことができた。

帰りがけ、本殿を参拝し、鳴き龍が有名な薬師堂も立ち寄れた。
平成3年以降、龍の下で手を叩くことができなくなったそうだが、車掌長は手で叩いた記憶の時期と合致せず、自身の勘違いということで丸く収めた。

天井に描かれた龍の真下でのみ、拍子木で叩くと、澄み渡った音の響きと余韻に浸れた。

駆け足ながらも、充実した東照宮参拝を終え、再びバス停へ戻り、15時前に東武日光駅到着。
帰りは、JR直通のスペーシアきぬがわで、新宿へと向かった。

突発的なショートトリップであったが、車掌長の心は充分に満たされ、新たな年を迎える英気を養えたように思えた。

往路乗車のリバティは軽快な走りであったが、復路乗車のスペーシアは、1990年(平成2年)の営業運転から30年近くが経ち、まさに「平成」を駆け抜けた車両である。

今回、頑張って走るそのモーター音が、車掌長自身に発破をかけてくれているようにも聴こえ、何か不思議な力も授かったような感覚があった。

末筆ながら、東照宮の「平成の大修復」はまだ数か所で進行中であった。
そして、その完了は平成31年3月31日とあった…

着工した当初は、まだ改元のことなど話題にもなっていなかったと思うが、「平成」の終わりとともに、全ての修復も名実ともに完了することは、偶然とはいえ、何か「神業」を感じてしまった。

車掌長も「平成最後」の年の瀬を、このような形で過ごせ、有難く思った次第である。
 

Xmas プレゼント

カテゴリー:③番線:時間旅行、時刻表方面 2018年12月24日 04:36

先日、外国の御方から思いがけないメールをいただいた。

最初、英文メールを見たときは、迷惑メールか?、と誤解した。
しかしながら、「哲×鉄」オユ10(お問い合わせフォーム)からの宛名に覚えがあり、削除せずに済んだ。

4年前の秋、本邦某国立大学大学院の院生だった彼は、自身の交通経済学の学術研究のため、日本の或る年代における都市間移動の所要時間の変遷、新幹線と在来線との比較等を調べていた。

そして、その資料を探している過程で「哲×鉄」に辿り着いたそうだ。
つまり、ご自身が求めていた年代の全てが、揃っていたとのことであった。

車掌長は、彼の目的に沿った資料を作成し、送って差し上げた。
あれからもう、4年が経ったのか…と懐かしくなった。

その後、母国に戻った彼は大学の助教授となっていた。
そして、地域科学分野の論文における"Acknowledgements"(謝辞)で、車掌長の氏名及び資料提供の内容を著した旨を、冒頭のメールで知らせてくれたのであった。

4年前、彼の研究の一助になればと思い作成した資料が、時を経てこのような形で嬉しい一報をいただけたのは、車掌長にとって「時刻表鉄冥利」に尽きるものであった。

車掌長が所有する時刻表が、誰かの役に立ったり、その手伝いができることは、給料を得るための日々の仕事とは違った歓びを覚えてしまう。

彼の今後益々の御活躍を祈念し、一足早いXmas プレゼントをいただいたような、清々しい気持ちであった。

 

前の5件 1234567891011